BUSINESS

ユーザー数が多いからこそできることも多く、そこが魅力で面白さ

たけだりなの画像
武田 梨奈(たけだ りな)
2016年入社 [新卒]
メディアカンパニー検索統括本部検索本部 企画

現在担当している仕事について教えてください

検索本部で企画職をしています。私が担当しているのはYahoo!検索のダイレクト・ディスプレイと呼ばれる機能で、利用しているユーザーの利便性向上のためヤフーのサービスと連携し有益な情報を提供しています。担当しているサービスはYahoo!ショッピングとヤフオク!、そしてYahoo!不動産です。
基本的に、1人の企画担当がいくつかのサービスを兼任するため、定例の打ち合わせだけでも週に5~6時間分あります。複数の案件が同時進行しているので、関わるすべてのプロジェクトの個々の案件それぞれで日程や開発の調整が必要ですし、分析もして、さらに企画も立てて……と次々と取り組むべきことが出てくるので、忙しくはありますがとても充実しています。

検索事業本部の前は、ヤフーが主催している「ツール・ド・東北」というイベントを運営する部署に2年ほどいました。当時の部長は「部下にいろいろな経験をしてもらいたい」という考えを持っていたので、地元の企業や異業種の方とも一緒に仕事をするなど、社外のたくさんの方と関わる機会をいただき、非常に貴重な経験をさせてもらいました。メインはイベント企画でしたが、協賛企業への営業、委託会社の方との打ち合わせ、製作物のディレクション、イベント統括など、本当に多岐にわたる仕事をしました。その経験から「調整力」が身につき、これはいまでも自分の強みとして発揮できていると思います。

仕事のやりがいや醍醐味、面白さは?

ダイレクト・ディスプレイの目的は、ユーザーの検索意図に応じて適切な情報を提示し、ユーザーの利便性を上げることです。
機能改善を加える際にはABテストを何度も繰り返します。イベントの企画ではユーザー反応を目で見ることができましたが、いまはそれとは違い、ユーザーの行動をさまざまなデータや数字で見ることができるので、それが面白みというか、結構燃える部分でもあります。ユーザー数が多いからこそできることも多いので、それがヤフーの強みであり魅力だと思います。

ヤフーを選んだ理由は?

もともとインターネットが大好きで、小学校低学年くらいからパソコンに親しんでいましたので、幼いころからヤフーは身近な存在でした。就職活動の際にいろいろな業界を見ていましたが、自分にとって身近なサービスにかかわる仕事をしてみたいという思いから選考を受けました。説明会や面接などを通して社員の方とお話しする機会がたくさんあって、自由な雰囲気や「ヤフーならこんなことができる」ということを聞き、非常に好感を持ちました。
最終的な決め手となったのは、ジョブチェンと呼ばれる、異動先の希望を申告できる制度です。社内で異動するだけで、まるで転職をするかのようにさまざまなキャリアを選べるのは大きな魅力でした。今後のキャリアを考えるにあたって、いくつかのサービスを経験した後に、自分が本当に進みたい方向が見つかるのでは、と思いヤフーを志望しました。

選考を通るために工夫したり、準備したりしたことはありますか?

自己分析に力を入れました。学生時代にもイベントの運営などをしていたのですが、端的に「私はこれができます!」と言えるような自分の強みが分からなかったので、そのあたりを分析してきちんと話せるように準備しました。当時のヤフーの採用担当者はフランクに話をしてくださる方で、こちらの話もどんどん引き出してくれたのがありがたかったです。

一日のスケジュール

10:00

出社。メールやSlackのチェックをします。

11:00

定例ミーティング。ダイレクト・ディスプレイで連携しているサービスの担当者と、進捗とスケジュールの確認をします。

12:00

ランチ。社食でササっと済ませることが多いです。

13:00

ミーティング。ABテストの実施内容の確認などを行います。

14:00

テスト結果のまとめ、考察、分析、報告レポートの作成。

17:00

定例ミーティング。

17:30

作業時間。資料作成を行います。

18:00

終業。仕事終わりの平日に買い物などの用事を済ませることが多いです。

仕事終わりや休日の過ごし方を教えてください

インドア派なので、休みの日は基本的に寝ていることが多いのですが(笑)、たまにゴルフの練習へ行くこともあります。レッスンに2年くらい通っています。ゴルフだけでなく、仕事帰りにジムへ行くこともあります。24時間営業のフィットネスクラブで主に筋トレをしています。あとは演劇を見るのも好き。好きな脚本家がいるので、その方の作品を見に行くことが多いです。

よく利用している、あって助かっている会社の制度は?

どこでもオフィスです。通勤に1時間程度かかり、通勤ラッシュも疲れるので、その時間を業務にあてられるのがありがたいです。

5年後の自分はどうなっていたいですか?

企画者として私はまだまだ未熟なので、5年後もできればいまの部署で頑張っていたいなと思います。改善のひとつにしても、まだ一方向からしか見えていない、と感じる部分がありますし、分析の技術もまだまだ伸ばしていきたいと思っています。いまの自分にはヤフーの強みであるビッグデータを生かせる技術がないと感じることも多いので、そのあたりをこれから勉強していきたいですね。
5年後の具体的な目標は明確ではないのですが、強いて言うならば将来的には「サービスを管理する側、マネジメント側に回りたい」という気持ちがあります。自分の立場が上がれば、より上位の役職者と交渉するような新しい機会が増えると思うので、そういった経験ができるといいなと思っています。

ヤフーを志望する学生へのメッセージ、アドバイスをお願いします

ヤフーに限らず、自分自身がやりたいと思ったことをやれる環境にいる方がいいと思うので、ここでならやりたいことができるという確信を持って行動すると良いと思います。実際に「ヤフーでこういうことに関わりたい」という強い意志を持っている人の方が、社内で活躍しているというイメージがあります。
明確に「このサービスに関わってみたい」と手を挙げたり、きちんと実績を残していけば希望の部署へ異動するチャンスもあります。もちろん配属の希望がかなわないこともありますし、入社後どの段階で希望がかなうかは人それぞれですが、きちんと成果を残し手を挙げていれば、ヤフーにはちゃんとすくい上げてくれる環境があります。学生のころから明確にやりたいことがあって、かつヤフーの事業に合致することがあれば、どんどんチャレンジしてほしいです。

※内容は取材時のものです

このページの先頭へ