2011年3月11日の東日本大震災の発生以来、迅速な情報提供や募金の立ち上げなどの緊急災害支援や復興支援活動など、震災復興に向けた様々な取り組みを行ってきました。
震災10年という節目にこれまで取り組んできた活動を振り返り総括した上、今後発生しうる災害に備え、引き続き防災・減災の施策を強化し、災害での悲劇を少しでも減らせるよう全力で取り組みます。

代表取締役社長

川邊 健太郎

ステークホルダーダイアログ2021

東日本大震災から10年。ICTのチカラで東北の未来の価値づくりを。ソフトバンク宮川潤一とヤフー川邊健太郎が対談

2011年3月11日、三陸沖を震源に発生した東日本大震災は、東北に未曽有の被害をもたらしました。発災から10年間、社会インフラを担うソフトバンクとヤフーはどのような決意で何に取り組んできたのか、そして今後の東北への思いを、ソフトバンクの技術部門トップの宮川副社長とヤフー代表取締役社長の川邊に語ってもらいました。

Zホールディングスグループ各社の取り組み

災害支援実績 寄付・協賛の実績

コミュニティー投資

このページの先頭へ