トップメッセージ

1991 年に世界初のインターネットサイトが誕生してから30年あまり。インターネットは私たちの生活に欠かせないものとなっています。
世界のさまざまな情報を一瞬で届けたり、時間や距離を超えた世界中の人々との双方向のコミュニケーションやオフィスの枠にとらわれない働き方を実現したりと、私たちの想像を超える体験を提供し、世界の変革を加速し続けてきました。

私は、1990年代にインターネットサービスで起業しました。
インターネットはレバレッジ(てこの原理)が利く仕組みで、その起業したときの、
「インターネットを活用すると、こんなにたくさんの人に喜んでもらえるんだ!」
という体験は、とても強烈なものでした。インターネットは、世の中を良くする最高のツールだとも感じました。

その時から今日まで変わらず、
「良いサービスを提供し、社会に貢献する」
「良い会社をつくって、社会に貢献する」
という思いを持ち続けています。

そして、良いサービスを提供するためには、
「ユーザーファーストに徹底的にこだわること」
「そのサービスを支える社員と家族のウェルビーイング(幸福)の向上」
が重要だと考えています。

これからも、本当に良いサービスを提供する会社であり続けたい。
ヤフーには、その強い思いを持っている人財がたくさんいます。彼らがその力を思う存分発揮できるよう、さらに「良い会社」にもしていきます。

ヤフーはインターネット企業の中でも歴史が長く、また大きな会社にもなりました。
そのような中でも、1996年のサービス開始時から変わらない「ユーザーファースト」の価値観を大切にします。そして、既存サービスの磨き込みだけではなく、今の延長線上にはないような「良いサービス」をつくり、ユーザーのみなさんの生活や社会をもっと便利にアップデートし続けることで、日本を「世界で一番、便利な国」にしていきます。

最後に、新生ヤフーは「!(びっくり)」や「おもしろいこと」にもこれまで以上にこだわっていきます。
情報技術のチカラで、社会課題を解決し日本をもっと便利にするサービス、そして「!(びっくり)」体験をお届けしますのでご期待ください。

プロフィール

小澤 隆生(おざわ たかお)

ヤフー株式会社 代表取締役社長
1972年千葉県生まれ。早稲田大学法学部卒業。

1995年、CSK(現SCSK)入社後、1999年にビズシークを設立し、2001年に楽天に売却し2003年のビズシークの吸収合併により楽天に入社。オークション担当役員に就任。2005年に楽天野球団取締役事業本部長。
2006年に退社後は個人としてスタートアップベンチャーへの投資やコンサルティングを展開。2009年から2012年までは楽天顧問。
2011年に設立したクロコスをヤフー(現Zホールディングス)に売却し2012年にヤフーへ入社。
2013年よりヤフー執行役員としてヤフーショッピングを担当、2018年4月より常務執行役員コマースカンパニー長に就任し、eコマース、トラベル事業、金融事業を管轄。
2019年6月にヤフー取締役 専務執行役員COOに就任し、コマースとメディアの全事業を管掌。
2022年4月にヤフー 代表取締役社長 社長執行役員CEOに就任。
Zホールディングス取締役専務執行役員 E commerce CPO、一休会長、アスクル社外取締役、ZOZO取締役、PayPay取締役、出前館社外取締役。

このページの先頭へ