BUSINESS

声をあげると周囲がすぐにそれをくみ取って、対応してもらえる

画像
山本 祐里(やまもと ゆうり)
2018年入社 [新卒]
メディアカンパニー マーケティングソリューションズ統括本部 テクノロジーサービス本部 広告運用

現在担当している仕事について教えてください

Yahoo! JAPANに表示される広告の運用を担当しています。
日々の業務のなかには、クライアントからの要望で急に広告を出すことが決まったときや、システム上でエラーが発生したときなどのイレギュラー対応も含まれます。
広告入稿締め切りギリギリ、ときにはそれを過ぎたタイミングで、営業担当から「この広告を出してほしい」という要望が来る場合もあります。その場合、広告審査などの工程も関わってくるので、そのスケジュールで本当に配信が可能かどうかを冷静に判断しなければなりません。ときには営業担当に「できません」と断ることも必要です。ウェブ広告は一瞬で多くの人の目に触れるため、ミスは許されません。強い責任感を持ちながら、日々の業務にあたっています。
私たちの仕事は、多くの人に利用されているサービスのような華やかさや世の中から注目を浴びるといったこともありませんが、ヤフーの屋台骨を支える重要な仕事であると思っています。
担当した広告をプライベートで見かけると、やはりうれしいですね。

仕事をするうえで一番大切にしていることを教えてください

山本の写真

とにかく丁寧に進めることです。広告配信でミスがあると、多くの方に迷惑を掛けてしまいますし、会社の業績にも影響を与えかねないので、絶対にあってはならないと肝に銘じています。そのためにも、忙しいときこそ目の前にある一つひとつのタスクを丁寧に落ち着いて進めていくように心掛けています。

在学中の専攻、研究内容は?

一つの分野だけでなく、さまざまな領域を学べる学部だったので、在学中は経営、経済、データ分析、プログラミング、法律などを並行して学んでいました。卒業論文のテーマは「聴覚障がい者にとっての通話の困難さと、音声認識技術」。論文の執筆にあたって、ヤフーで音声認識の技術開発をしている先輩にインタビューさせていただいたのですが、とても参考になりました。

ヤフーを選んだ理由は?

正直、就職活動をはじめたばかりのころは「この業界に入りたい、これをやりたい」といった方向性をなかなか決められていなかったので、不安でした。そんななか、「とにかく会社説明会に行けば何かが見つかるはず」と複数の企業が参加する障がい者向けの会社説明会に出かけたところ、ヤフーに出合いました。ヤフーのイメージは、とにかくキラキラしているITの大企業。自分が入社できるなどとはまったく想像していませんでしたが、ブースの前で採用担当の方からフランクに話しかけてくださったことが、もしかしたら人生が変わるきっかけになったのかもしれません。
他社のブースでは事務的な話が多かったのですが、ヤフーは担当者も若く、まるで先輩後輩のような雰囲気で初めから話してくださって、社員同士が上下関係なくコミュニケーションをとれるような風土を感じ取ることができました。それが、本気でヤフーを目指すきっかけになりました。
その後は地方の会社説明会にも参加するほど積極的になり、機会があるたびにヤフーの方の話を聞きに行きました。そのうちに自分がやりたいことがだんだんと見えてきて、選考が進むにつれて「ヤフーに入りたい」という思いが強くなりました。

山本の写真

また、希望の異動先を申告できるジョブチェンの制度や、1on1ミーティングで定期的に悩みなどを直接上長に相談できるというのも魅力的でした。自ら働きやすい環境を作っていけるのではという予感がしたのです。
面接では、私が方向性を決めかねている部分を受け入れてくれ、ITの知識が乏しくても「入ってから勉強できることも多いので頑張っていきましょう」と声をかけていただきました。また、私は聴覚に障がいがあるのですが、会議の議事録を取ること、電話対応などが難しいことを選考中に伝え、これについても入社後しっかりと配慮いただけると確信して入社を決めました。

入社前のイメージとギャップはありますか?

研修期間中、障がいから少し苦労することもあったのですが、それを伝えると、すぐに部署を変更してもらえました。声をあげると周囲がすぐにそれをくみ取って、対応してもらえるのは、当初から知っていたヤフーの社風そのままで、特にギャップなどはありませんでした。いまは自分にとってベストな場所にいる、と感じています。

ヤフーの魅力を教えてください

ヤフーには多くの人に影響を与えられるサービスがたくさんありますので、そんな会社の一員として働けていることに誇りを感じます。例えばPayPayなどの新しいサービスを使いはじめた両親から「これ良いね」と連絡をもらうと、立ち上げに関わっていなくても誇らしい気持ちになります。
また、人の面でとても働きやすい職場です。みんなが私の障がいを理解してくださっていますし、よくランチにも誘ってもらったりするなど、とても仲良くさせていただいています。人工内耳を付けているのですが、最近は耳のトレーニングのためにも議事録を取るようにしています。チームの方にどれくらい正確に聞きとれているかを確認してもらいながら、「大丈夫」「難しそうだったら代わるよ」など、いつもきめ細かくフォローしていただいています。

一日のスケジュール

9:15

出社。到着したら社内のカフェでコーヒーとパンを買います。朝食はほとんど会社で食べています。

9:30

勤務開始。メールチェックなどをします。

10:30

定例ミーティング。プロダクトについて、各担当者からの報告事項を確認します。

12:00

ランチ。チームのメンバーと付近のお店に出かけるか、テイクアウトして自席で食べることが多いです。

16:30

上長との1on1ミーティング。報告や相談ごとだけでなく、たわいのない話題で盛りあがることも。

18:15

退勤。残業はほとんどしません。

働きやすいと感じる制度はありますか?

山本の写真

制度というと少し違うかもしれませんが、上司と何でもざっくばらんに話せる1on1ミーティングの時間はいつも楽しみです。1週間に一度、30分の時間を設けて、業務上や障がいの悩みだけではなく世間話をしたりして、良いリフレッシュにもなっています。チームのメンバー全体に話しづらい場合でも「言いづらいときは上の立場の人間を使ってもらっていいよ」と上長から話しやすい雰囲気を作っていただいています。
そのほか、障がいのある社員が、障がいに伴う通院や入院などの際に、年に6日まで休暇をとることができるノーマライゼーション休暇という制度があるのですが、検診に行く際や人工内耳が壊れたときなどに活用しています。

5年後の自分はどうなっていたいですか?

今後は技術面のスキルを高めて、技術系の方々の手助けをできるようになりたい、という夢があります。ちょうどいま、マクロの学習に力を入れていて、先輩から教えてもらいながら勉強をしています。最近ではコードが読めるようになってきて、実務にも生かせるようになってきました。ヤフーにはいろいろなことに挑戦しやすい環境ですので、今後もさまざまなスキルを身に付けてゆきたいです。

学生や、障がいがある方に向けてメッセージをください

就職活動中、私の場合は力を入れすぎず、ありのままの自分を受け入れてもらえる会社に入りたいと考えていました。できるだけ自然体で就職活動に臨むことで、入社後も無理することなく、自分の能力を最大限に発揮できるのではないでしょうか。特に障がいの面では、自分ができること、できないこと、チャレンジしたいことを明確に伝えておくことが大切だと思います。ヤフーには、それを受け入れてくれる土壌があります。ぜひ、頑張ってください。

※内容は取材時のものです

このページの先頭へ