DESIGNER

デザイナーコース

ヤフーの提供するサービスは100を超え、その多彩なサービスのデザインを担当いただきます。
ヤフーのデザイナーはサービスの企画工程から導線設計、インターフェース設計、プロトタイプ制作、ユーザーテストまで一貫して関わり、スマートフォンやパソコンなど多種多様なデバイスに対してより最適なUIを実現します。リリース後は膨大なデータを活用してユーザーのニーズを分析し、よりよい体験価値実現のためにUI/UXの磨き込みを行います。
また、サービスのプロモーションやキャンペーンの実施時は、ターゲットユーザーを踏まえたプロモーションサイトやバナー、イラスト、インフォグラフィクス制作まで、非常に幅広い領域を担当します。デザイナーが担当する具体的な業務領域は、以下のとおりです。

デザイナーコース

主な業務領域

コマースサービス領域

Yahoo!ショッピングやヤフオク!、Yahoo!カードなど、インターネットを通じての物品売買(デジタルコンテンツ含む)や決済を行うサービスのデザイン業務を担当します。
ユーザーの状況や志向にあわせて、必要なものを必要な時に、快適に購入することができるユーザー体験を実現します。

メディアサービス領域

Yahoo!ニュースやYahoo!天気・災害など、ユーザーが必要とする情報を最適に提供するサービスのデザイン業務を担当します。
ユーザーの状況や志向にあわせて、必要な情報を必要な時に知り、活用することができるユーザー体験を実現します。

PIM(Personal Information Manager)領域

Yahoo!メール、Yahoo!カレンダーなどのヤフーを利用するユーザー個々人の情報を管理し、生活をもっと便利にするサービスのデザイン業務を担当します。
ユーザーへのインタビューを通じて、UI/UXの磨き込みを行い、ユーザー体験のさらなる向上を実現します。

サービス統括領域

ブランディング施策や全社共通のデザイン指針、共通モジュールの開発など、ヤフーの全サービスを横断した施策のデザイン業務を担当します。
必要に応じてデザインコンセプトの定義やガイドラインを作成、アップデートし、ヤフーを利用するユーザーに対して一貫したデザインコンセプトに沿ったユーザー体験を実現します。
例としてブランディング施策では、ヤフーのブランド価値を向上させるために、オンライン・オフライン問わず、「ヤフーらしさ」をユーザーに的確に伝えるためのデザインを行います。

インフラシステム領域

社内外を対象としたインフラシステムや、業務ツールの一貫した利用体験に責任を持ち、デザイン業務を担当します。
デザイナーは利用者がより快適に利用できるよう体験設計やデザイン、デザインシステムの制作、管理などを行います。業務のあらゆる場面で活用されているシステムやツールにおいて優れたUI/UXを実現することで、利用者の生産性を向上させます。

採用情報 公式SNSアカウント

このページの先頭へ