トピックス

2021.09.28

ニューノーマルにおける「新しい働き方」とは? ヤフーの取り組みまとめ

画像

新型コロナウイルス感染症対策として、昨年から急激に浸透した、リモートワークを中心とした新しい働き方。
リモートワークは1人で集中して行う業務には適していますが、その一方でリアルなコミュニケーションも大切だと改めて感じた方も多いのではないでしょうか? これからの「新しい働き方」では、「オンライン」と「オフライン」を上手に使い分けたり、組み合わせたりしていくのかもしれません。
私たちの働き方が大きく変化したことに伴い、「オフィス」のあるべき姿や採用の仕方、社内イベントの開催方法なども変化しています。今回は、ヤフーの時間と場所に捉われない「新しい働き方」の取り組みをまとめました。

「新しい働き方」に対応できるオフィス

ヤフーでは現在、約9割の従業員が在宅勤務を行っていますが、新型コロナウイルス終息後はオフィスを「働く場所の一つの選択肢」として出社できる環境を整えていきます。その環境づくりの一環として、「1人で集中」「みんなで会議やコミュニケーション」など、目的ごとに最適化された「実験オフィス」の取り組みを開始しています。
また、コラボレーションスペース「LODGE」では、リモートワークで感じた課題をもとに社員が家具を設計し、VUILD(ヴィルド)株式会社にご協力いただき製品化。自分に合った家具を選んで組み立てられるサービス「LODGE Remote Work Kit」を始めました。

コロナ禍のつながり不足を解消! 各種のオンラインイベント

リモートワーク中心の働き方になってから、「在宅勤務になり仕事自体の生産性は上がったけれど、社内でのちょっとした会話や人脈づくりが難しい」という意見もあがりました。特に、コロナ禍の新卒社員の多くは、オフィスで雑談を交わした経験がほとんどありません。このような状況を受けて、新入社員が主催者となり「おともだち獲得ランチ会」を開催しました。
また、フルリモートインターン、オンラインファミリーデー、社員向けの動画ニュースなど、オンラインでもつながりを感じられるような、さまざまな取り組みを行っています。

社員の運動不足解消・健康への取り組み

2020年6月に社員に行ったアンケートでは、リモートワークへの移行による運動習慣の減少や体重の増加傾向がわかりました。そのため、健康管理アプリで歩数・体重を記録した社員に対して、翌月の給与として達成インセンティブ「グッドコンディションボーナス」を支給する取り組みを2020年10月から開始しました。
また、オンラインでの食事会で同じ食事を楽しめるよう、社内レストラン「BASE11」のメニューを「オンライン懇親会セット」として提供しています。

「新しい働き方」によって変わる採用、契約

新型コロナウイルスの影響は、社員の働き方や求める人材像をどのように変えていくのでしょうか? ヤフーでは、2020年3月からは全面オンラインで採用活動を行っています。
また、書類の押印のために出社を余儀なくされるという、日本特有の「ハンコ文化」による課題を解決するため、ヤフーは、2017年ごろから電子契約を推進しています。2019年9月からは取引先との契約の捺印(なついん)や署名を電子サインに切り替え、今年6月には民間取引先との契約手続きを100%電子サイン化しました。

このページの先頭へ