お知らせ

ヤフー株式会社

CSRレポート「UPDATE JAPAN ヤフーのCSR」を公開 CSR/CSV推進担当社員を新設して、4つの領域で社会課題の解決に取り組む

~ SDGs達成に向けたYahoo! JAPANの取り組みも紹介 ~

URL:https://about.yahoo.co.jp/csr/

 ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は本日、ヤフーのCSR/CSVについて、ステークホルダーの皆様により広く知っていただくべく、CSRレポート「UPDATE JAPAN ヤフーのCSR」を公開しました。また、Yahoo! JAPANでは、最も力を入れて社会の課題解決を目指す領域を「4つのUPDATE」として新たに定め、本レポート内で宣言しています。

 「4つのUPDATE」を推進するにあたり、各カンパニー等に「CSR/CSV推進担当社員」を新設、任命するとともに、4月1日に執行役員に就任した西田修一(執行役員コーポレートグループSR推進統括本部長)とともに、各カンパニーで「4つのUPDATE」領域に取り組んでまいります。

 <Yahoo! JAPANが課題解決を目指す領域「4つのUPDATE」について>
 1:情報技術社会の発展
 ・情報技術が人々や社会のために健全に貢献する社会を目指します。

 2:災害・社会課題への支援
 ・災害への取り組みをヤフーが自ら行うほか、NPOなどの社会課題解決者を支援します。

 3:ダイバーシティの推進
 ・多様な人が活躍・共存し、個性を認め合う社会を目指します。

 4:持続可能な社会への挑戦
 ・自然・社会の環境を、持続可能な形で未来世代に引き継ぎます。

 レポート内では、4つの領域ごとに約120件の様々な取り組みをご紹介しています。また、それぞれの取り組みについて、SDGs(持続可能な開発目標)との関連性を記載しています。

<取り組み例>
 ●ビッグデータを活用し社会課題の解決へ 「Yahoo!防災速報」の位置情報を元にした災害時避難場所の推測
 https://about.yahoo.co.jp/csr/effort/019.html
 ●「Yahoo!検索」で東日本大震災の被災地を応援する「Search for 3.11」
 https://about.yahoo.co.jp/csr/effort/048.html
 ●家族のサポートをしながら働ける「選べる勤務制度」
 https://about.yahoo.co.jp/csr/effort/100.html
 ●持続可能な海の資源消費 社内レストランでの「ブルーシーフード」提供
 https://about.yahoo.co.jp/csr/effort/110.html

 その他にも多数の取り組みをご紹介しています。
 https://about.yahoo.co.jp/csr/effort/

 Yahoo! JAPANでは今後も、情報技術を使って人や社会の「課題」を解決していく「課題解決エンジン」として、さまざまな取り組みを進めてまいります。


CSVとは:共有価値の創造(Creating Shared Value)とも呼ばれ、企業による経済利益活動と社会的価値の創出(=社会課題の解決)を両立させること、およびそのための経営戦略のフレームワークのこと。

SDGsとは:持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)とも呼ばれ、2015年9月に国連加盟国193カ国が全会一致で採択した行動計画のこと。貧困や飢餓、エネルギー、気候変動、平和的社会など17目標・169ターゲットから成り、2030年までに目標を達成することを目指しています。