CSR

「検索」で東日本大震災の被災地を支援

「3.11 これからも、できること。」のページ

3月11日に「Yahoo!検索」で「3.11」と検索すると、一人につき10円をヤフーが寄付する、東日本大震災の風化防止と復興支援を目的とした取り組みを2014年から実施しています。

2022年は、昨年に引き続き、LINE株式会社と共同企画「3.11 これからも、できること。」を実施。ユーザー体験型の防災コンテンツ、3分でできる避難訓練「スマホ避難シミュレーション」や「3.11 検索は、チカラになる。」などの防災や被災地の復興支援、災害の風化防止を目的とした取り組みを、両社が連携して展開しました。

<直近3年間の実績>
2020年
検索者数:848万4709人
寄付金額:5,000万円
寄付先:被災地の復興に携わる6団体に寄付

2021年
検索者数:1196万6730人
寄付金額:5,000万円
寄付先:被災地の復興に携わる8団体に寄付
※寄付金額、寄付先はYahoo! JAPANのみの実績。

2022年
検索者数:1127万191人
寄付金額:8,197万円
寄付先:被災地の復興に携わる5団体に寄付
※Yahoo!検索とLINE Searchの合計。

2022年5月更新

関連リンク

このページの先頭へ