CSR

デジタルトランスフォーメーションの一環として「100%電子サイン化」を推進

電子サインイメージ画像
(C)アフロ

ヤフーは、新型コロナウイルス感染症の影響の長期化が予想される中で、出社を余儀なくされる紙の契約書の捺印手続きを早急に無くすべきと判断し、2021年3月までに「民間取引先との契約手続きを100%電子サイン化する」を目標として掲げ、予定通り2021年3月に100%電子サイン化を達成しました。
※法的要件や取引先の事情により対応できない場合は除きます


■電子サイン活用のメリット
・印刷、製本、送付、保管などの手間がかからず、締結までの時間を短縮できる
・印紙税が不要となり、費用削減効果がある
・契約書名や取引先名など、さまざまな条件での参照・検索が可能になる
・コロナ禍においても、出勤することなく、リモートワーク環境に対応できる


ヤフーは今後も電子サインのメリットを世の中に伝えながら、新しい働き方の推進やデジタル技術を活用した社会を実現するための一助となるよう努めてまいります。


2021年9月掲載

関連リンク

このページの先頭へ