トピックス

2021.06.25

大谷翔平選手の活躍に高まる期待! Yahoo!ニュース みんなの意見でわかる意識の変化

画像

メジャーリーグで打者と投手の二刀流プレーヤーとして連日、躍動感あふれるプレーを見せている大谷選手。現在、本塁打数ランキングが両リーグでトップと、日本人初の本塁打王のタイトルに手が届く位置につけ、7月開催のファンによる投票などで選抜されるオールスターゲームと、前夜祭の本塁打競争でも活躍が期待されています。
そのようななか、「Yahoo!ニュース みんなの意見(以下、みんなの意見)」では、5月24日から、
「打者・大谷翔平、今季はどのタイトルを獲得できると思う?」
「投手・大谷翔平、今季はどのタイトルを獲得できると思う?」
この2つのアンケートを実施しました。1カ月がたった6月24日現在、前者のアンケートは79,857票、後者は15,450票が集まっています(どちらも10月3日まで受付中)。
そこで、アンケートの作成意図と、投票の経過をどう見るか、Yahoo!ニュース トピックス編集部の担当者に話を聞きました。

天津 雄一郎(あまつ ゆういちろう)
2019年入社。元新聞記者で、スポーツ領域を長く経験。現在、Yahoo!ニュース トピックス編集部で、みんなの意見を担当している。

「Yahoo!ニュース みんなの意見」とは? アンケートはどうやって作成されるのか

天津:
「Yahoo!ニュース みんなの意見」は、Yahoo!ニュースが実施する投票形式のアンケートです。ユーザーのみなさんに、話題のニュースについて投票で自分の考えと合った選択肢を選んでもらい、ユーザーの意見の傾向を可視化する場ですね。他の人の考えを知ったり、ニュースを自分ごととして考えてもらったりするきっかけとなることを目指し、時事関連の話題を中心に、随時さまざまなテーマで実施しています。なお、本調査は、統計に基づく世論調査ではありません。
もともと、「Yahoo!ニュース 意識調査」という名前で2006年にスタートして現在までに9000近いアンケートを作成してきました。昨年1月に、アンケート結果をより見やすくするためにウェブページをリニューアルし、名称をみんなの意見に変更しました。
みんなの意見は、Yahoo!ニュース トピックスの詳細ページ(14文字見出しをクリックして遷移するページ)で活用する機会が多いですね。そのため、トピックスの作成タイミングに合わせ、編集部員が「公共性と社会的関心」に基づいて、タイトルや設問文、選択肢を考えてみんなの意見を作成しています。大谷選手の場合、「二刀流」という多くのユーザーの興味を引く規格外の活躍を見せてくれているので編集者としては設問が作りやすく、ユーザーのみなさんも答えやすいでしょうね。

何度もアンケートに登場 過去をたどると人々の意見を変えてきた歴史が明らかに

天津:
人気と注目度の高い大谷選手に関しては過去、さまざまな切り口でみんなの意見で質問を作成してきました。例えば、日本ハムへの入団と二刀流挑戦が決まった2013年1月20日から30日に実施された
「日ハム・大谷、投打〝二刀流〟は成功する?」
に関しては、54,189人が回答。「失敗する」が75.4%という結果に。
漫画のような世界観で、前例のない、スケールの大きな挑戦にわれわれの想像力が追いついていなかったのかもしれません。その予想を大きく覆すセンセーショナルな活躍でメジャーリーグへ。そして、全球団による争奪戦をへて、ロサンゼルス・エンゼルスへの入団が決定。その後、2017年12月9日から19日に実施された
「大谷翔平はエンゼルスで活躍できると思う?」
に関しては、102,630人が回答。「とてもできる」が34.9%、「ある程度はできる」が42.5%という結果に。
その後、その年のシーズンで最も活躍した新人選手に贈られる新人王を獲得したことからも、みんなの意見に寄せられた期待が現実のものになったと言えるでしょう。大谷選手に関しては個人としては最多レベル、約20本のアンケートが作成されていますが、高校野球からプロへ、そしてメジャーリーグへと戦う舞台が変わる度に作成してきましたので、振り返ると時系列で成長の記録と、彼の目標をユーザーがどう捉えていたかをたどることができて興味深いので、ぜひ多くの方に見てほしいですね。

現時点(6月24日現在)でのアンケート結果をどう見るか?

投票が開始された5月24日時点で、打者としては通算打率.268、14本塁打(ア・リーグ1位タイ、メジャー全体で2位タイ)、35打点(ア・リーグで8位)という好成績。一方、投手としては、6試合に登板して1勝0敗で、防御率が2.37。

天津:
実は、6月前半まではどちらも「タイトルなし」が優勢でしたが、6月中旬以降は、6試合に出場して6本塁打と量産し、トロント・ブルージェイズのゲレロ選手と並ぶメジャー全体で1位タイの本塁打数に。
6月14日から20日に、エンゼルスが所属するア・リーグ(アメリカンリーグ西地区)週間MVPを獲得すると、特に打者に関するアンケート投票数が急増し、「本塁打王を獲得できると思う」がトップになりました。当初は「さすがに難しいだろう」と思っていたファンも、「大谷選手ならやってくれるかも」と思うようになったのかもしれません。ライバルであるゲレロ選手の存在も大きいでしょう。抜きつ抜かれつのドラマチックな展開です。
また、投手としての成績に関しては、規定投球回数に達していないものの、3勝1敗(6月24日時点)。投手に関するみんなの意見は15,000票ほどと、打者に比べると投票数は控えめですが、今後の活躍によって投票数が伸び、回答結果が変わるかもしれません。
世界最高峰かつ、ポジションの専門化、高度化が進む現代野球において、大谷選手はMLBで100年間見られなかった信じがたいパフォーマンスを見せています。もしかしたらこのままア・リーグMVPの可能性も…。そうなると、新たなみんなの意見が作成されるかもしれませんね。今後も目が離せません。

【関連リンク】

このページの先頭へ