トピックス

2021.10.08

「コミックフライデー」リニューアル記念! ebookjapanの少年・青年マンガ人気ランキング

画像

今年12月にアニメ2期の放送開始が話題になっている「鬼滅の刃」、映画化された「東京卍リベンジャーズ」など、マンガのヒットが相次いでいます。近年は、スマホなどを活用して電子書籍で楽しむ方も増えていますね。
ヤフーとイーブックイニシアティブジャパンが協力して運営する電子書籍販売サイト「ebookjapan」では、ユーザーのみなさんにおうち時間をより楽しんでいただくため、金曜日がお得になるキャンペーン「コミックフライデー」を10月1日よりリニューアルしました。今回は、このキャンペーンをご紹介するとともに、ebookjapanの歴代売上ランキングトップ10のマンガ作品を発表します(9月30日時点)。今回は、少年・青年マンガ編になります!

少年・青年マンガの歴代売上ランキングトップ10(2021年9月30日時点)

ランクインしたほとんどの作品が、マンガ賞を受賞したり、メディアミックス化したり、大成功したものばかり。みなさん、どこかで一度は見たことがある人気マンガが多いのではないでしょうか。気になるマンガは、ぜひ、ebookjapanでチェックしてみてください。

10位:ゴールデンカムイ(集英社)野田サトル
明治末期の北海道・樺太を舞台にした、金塊をめぐるサバイバルバトル漫画。
「マンガ大賞2016」受賞、「このマンガがすごい!」オトコ編2位。アニメ第1期2018年4月、2期2018年10月、3期2020年10月から放送。

9位:弱虫ペダル(秋田書店)渡辺航

小学生の時からママチャリで秋葉原に通い続けていたオタクの主人公が、自転車レースの世界で活躍していきます。
渡辺航による週刊少年チャンピオン連載の本格的自転車ロードレース漫画、通称「弱ペダ」。第39回講談社漫画賞受賞。累計発行部数2,500万部を突破! 実写映画化も。

8位:三国志(潮出版社)横山光輝

三国志の漫画を読みたいと思っている方におすすめ。吉川英治「三国志」をベースにしたエピソードや登場人物の多彩さも魅力です。
第20回日本漫画家協会賞優秀賞受賞。累計8,000万部を超え今なお愛され続ける不朽の名作。

7位:転生したらスライムだった件(講談社)漫画:川上泰樹、原作:伏瀬、キャラクター原案:みっつばー

通り魔に襲われて死んでしまった主人公が、異世界にスライムとして転生し、冒険の旅に出ます。
「小説家になろう」で記録的なPVを集めた異世界転生モノの名作を、原作者完全監修でコミカライズ!「月刊少年シリウス」にて2015年から連載。通称「転スラ」。シリーズ累計2,500万部突破。2018年10月にアニメ化。

6位:宇宙兄弟(講談社)小山宙哉

30歳を超えてから、宇宙飛行士になる夢に挑戦するムッタと、一足先に夢を実現して月面に降り立つ弟・ヒビトの物語。
「マンガ大賞」2009年・2010年2年連続2位!2007年「モーニング」にて連載開始した小山宙哉による宇宙飛行士漫画。累計2,500万部を超える大ヒット作。

5位:呪術廻戦(集英社)芥見下々

人間の負の感情から生まれる「呪い」を祓う呪術師の闘いを描いた、ダークファンタジー・バトル漫画。普段は目隠しをしている最強の呪術師、五条先生が話題に。
累計発行部数5,500万部超え。2020年アニメ化。

4位:ONE PIECE モノクロ版(集英社)尾田栄一郎

海賊を題材とした海洋冒険漫画。主人公ルフィと仲間達の夢・冒険・友情を尾田栄一郎が描く不動の超人気作。
1997年より「週刊少年ジャンプ」にて連載開始し、全世界累計発行部数は4億9,000万部を突破。

3位:進撃の巨人(講談社)諫山創

巨人がすべてを支配する世界で巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築いて侵略を防いでいたが…。巨人と人の戦いを描いたダークファンタジー漫画。
第35回講談社漫画賞。累計発行部数1億部突破! 映画化、アニメ化など前例のないスピードでメディアミックス展開。

2位:キングダム(集英社)原泰久

中国の春秋戦国時代後期、下僕だった少年が天下の大将軍を目指し壮絶な戦いをくり広げます。 第17回手塚治虫文化賞受賞。累計発行部数8,000万部突破。「ヤングジャンプ」連載の超人気歴史漫画。2019年4月実写映画化。2012年にアニメ化。

1位:鬼滅の刃(集英社)吾峠呼世晴

人間を食べて成長する「鬼」と数百年に渡り戦う「鬼殺隊」の死闘を描いた作品。家族を鬼に殺された竈門炭治郎が鬼殺隊となって鬼と戦います。
累計発行部数1億5,000万部超えの超人気作。2016年から2020年まで「週刊少年ジャンプ」連載。2019年アニメ放送。2020年劇場版アニメを公開し、洋画と邦画を含む国内興行収入歴代1位。

ランキングはいかがでしたか? まだ読んでいないけど、気になる作品があったらはぜひ、ebookjapanでチェックしてみてください。そして、購入する際は、ぜひ、コミックフライデーをご利用ください。なお、次回は少女・女性マンガ編の歴代売上ランキングトップ10をご紹介しますので、お楽しみに。

金曜日にPayPayでマンガを買うと、誰でも16%相当戻ってくる「コミックフライデー」

従来のキャンペーンでは、金曜日にebookjapanで電子書籍を購入すると購入金額の1%相当のTポイントが付与されていました。今回のリニューアルによって、Tポイント1%相当に加えてさらに15%相当のPayPayボーナスが付与され、よりお得に電子書籍を購入できます。
「コミックフライデー」は、ebookjapan内のマンガを含む全ての電子書籍が対象。金曜日にブラウザ版ebookjapanのキャンペーンページで事前エントリー後、PayPay残高で支払うと、誰でも16%相当のTポイントとPayPayボーナスが付与されます。さらに、Yahoo!プレミアム会員の場合20%相当、ソフトバンク・ワイモバイルスマホユーザーの場合30%相当のPayPayボーナスなどが付与されます。
たとえば、1000円の電子書籍をPayPay残高で支払った場合、誰でも無条件で160円相当が戻ってくるのです。このキャンペーンを活用すれば2巻目、3巻目も購入しやすいですね!

【関連リンク】

このページの先頭へ