トピックス

2020.04.14

「巣ごもり消費」により今売れているモノは?(食品編)

画像

新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う外出自粛要請により、缶詰やインスタントうどんが前年の3倍以上売れるなど、長期保存が可能な常備食や手軽に調理できる食品へのニーズが高まっています。
今回は、Yahoo!ショッピングで昨年より売れている食品をご紹介します。

常備できる「缶詰」や時短調理できる「インスタント・丼もの」が売れ行き好調

缶詰は3.4倍

長期保存ができ、そのまま食べたり料理に使ったりと用途がさまざまな缶詰。人気はツナやトマト缶、さばの味噌煮などで、注文数は昨年に比べて3.4倍となっています。

「缶詰」の検索結果

画像

インスタントうどんは3倍

お湯をそそぐだけでラクチン、さらに洗い物がいらないインスタントうどん。カップラーメンに比べてカロリーが少ないイメージもあるからでしょうか。前年より3倍の注文数となっています。

「インスタントうどん」の検索結果

画像

丼ものは2.8倍

温かいご飯さえあれば、あとはかけるだけ。がっつり食べたいときには丼ものが人気です。

「丼 レトルト」の検索結果

画像

また、在宅時間が増えたことにより、「おうち飲み」「おうちでお菓子やパン作り」のニーズが高まったからか、発泡酒は2.1倍、ホットプレートは1.7倍、お菓子作り用のベーキングパウダーは3.4倍の注文数となっています。
なかなか外食ができない今の期間、上手にこれらの時短食品も使って、食事を楽しみたいですね。

【関連リンク】

このページの先頭へ