プレスリリース

2021.12.14

PayPayフリマ、売りたい・買いたいアイテムについてユーザー同士が発信、情報交換できる「投稿機能」を提供開始

商品の売買だけでなく、新たなアイテムとの出会い、
アイテムを持っている人とほしい人のマッチングを活性化

https://paypayfleamarket.yahoo.co.jp/topics/20211214/0000/

ヤフー株式会社が運営するフリマアプリ「PayPayフリマ」は、出品しようか迷っているアイテムや、ほしいのに探しても見つからないアイテムなど、アイテムに関するさまざまな情報をユーザーが自由に発信・コメントし、ユーザー同士で情報交換できる「投稿機能」を提供開始しました。(※1)

これまで、出品者からは、出品前に他のユーザーのニーズを知りたい、購入検討者からは、ほしいアイテムの情報をもっと知りたい、などの声がありました。

今回提供開始した「投稿機能」では、出品者は、出品を迷っているアイテムについて投稿することで、アイテムに対する他のユーザーのニーズを把握できます。また、出品した商品についてシェアすることで他のユーザーの反応をチェックしたり、売れたアイテムをシェアしたりすることで、「似たようなアイテムを持っていたらまた出品してほしい」といった他のユーザーの声から、今後の出品の参考にできます。

一方、購入検討者は、ほしいアイテムがまだ出品されていない場合、「投稿機能」を使ってほしいアイテムについて発信することで、他のユーザーとそのアイテムに関する情報交換をしたり、投稿を見たユーザーがそのアイテムを出品したりすることにつながる可能性があります。
また、買ってよかったお気に入りのアイテムについて発信し、他のユーザーがコメントすることを通して、同じ趣味や関心を持つユーザーと交流できます。

<「投稿機能」を活用した情報交換のイメージ>

このように、「PayPayフリマ」では、ユーザー同士がアイテムについて自由に情報交換できる機能を提供することで、すぐに商品の売買の意向がないときでも、見ているだけで楽しく最新のトレンドをキャッチし、新たなアイテムとの出会いや発見を創出する場を目指します。

今後、アイテムを持っている人とほしい人をよりマッチングしやすくしたり、アイテムのより幅広い情報に触れられるよう、「投稿機能」に以下の機能を追加予定です。
1)フォローしているハッシュタグが紐づいた投稿やフォローしている出品者の投稿を見られる機能
2)自分の興味のあるスレッドを指定してコメントを返信できる機能
3)製品のスペック情報などが確認できる詳細画面で、製品に関連する投稿を見られる機能(※2)

なお、「投稿機能」をユーザーに安全安心にご利用いただくため、「PayPayフリマ」ガイドライン細則にて、商品に無関係な投稿や他人を不快にさせるような投稿などを禁止行為として定め、パトロールを行っています。

「PayPayフリマ」では、今後も出品者、購入者双方に向けたキャンペーンなどの施策やアプリの改善、機能追加を通して、新たな商品との出会いや、ユーザー同士の情報交換、より便利でお得に売り買いができる世界の構築を目指していきます。

■気になるアイテムについて自由に投稿する際のステップ
1)アプリのトップ画面の投稿タブの投稿ボタンをタップします。
2)投稿フォームで気になるアイテムに関する情報を入力します。
3)投稿すると投稿タブに表示されます。

■出品した商品について投稿する際のステップ
1)出品完了後に表示される画面で「投稿する」をタップします。
2)出品した商品に関して、発信した内容を入力して投稿します。
3)投稿すると投稿タブに表示されます。

※1:iOS版バージョン1.46.0以上のアプリで利用できます。Android版は2021年12月13日より順次リリース中です
※2:参照記事: PayPayフリマの製品機能について(「PayPayフリマ」トピックス )

このページの先頭へ