プレスリリース

2021.02.24

ヤフー、日本の総人口に対する新型コロナウイルス累計感染者数の割合と 同じ0.3%のユーザーにバナー広告を掲出する取り組みの開始

~ 薄れる危機意識に対し、改めて正しい理解と対策を啓発 ~

特設サイト

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、本日から2月28日(日)まで、新型コロナウイルス感染症について、改めてユーザーに正しい理解と対策を啓発することを目的に、日本の総人口に対する新型コロナウイルスの累計感染者数の割合(※1)と同じ0.3%(※2)のユーザーに掲出するバナー広告を配信する取り組みを実施します。

※1:陽性者数42万3,382人(厚生労働省/令和3年2月21日時点)÷現在総人口1億2,557万人(総務省統計局/令和3年1月1日時点)から算出
※2:ターゲティングを実施せずに無作為に0.3%のユーザーに掲出します。


バナー広告は、「Yahoo! JAPAN」アプリ(iOS版、Android版)、ブラウザ版Yahoo! JAPAN(PC版、スマートフォン版)のトップページの広告枠である「Yahoo! JAPANブランドパネル」に掲出され、クリックされると、Yahoo! JAPANが提供する「新型コロナウイルス感染症まとめ」ページ(※3)などが紹介されている特設ページに遷移します。

現在、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県の10都府県に緊急事態宣言が発令されています。国内の新型コロナウイルスの累計感染者数も40万人を超え(※4)、引き続き不要不急の外出を控えるなどの対策が必要です。しかし、「Yahoo!ニュース みんなの意見」によると、90%以上が“コロナ慣れ”を「感じる」または「やや感じる」と回答しています(※5)。

“コロナ慣れ”により危機感が薄れてきている状況下において、「不要不急の外出をしていないか」、「大人数で会食をしていないか」など、新型コロナウイルスについてユーザーが改めて正しく理解し、対策について考えるきっかけを提供することが本取り組みの目的です。

Yahoo! JAPANは、今後もユーザーに新型コロナウイルス感染症を正しく理解し、対策してもらうためのきっかけを提供するとともに、一日も早い収束に向けて、さまざまな取り組みを実施してまいります。

※3:新型コロナウイルス感染症まとめ
※4:内閣官房「新型コロナウイルス感染症対策」(外部リンク)
※5:Yahoo!ニュース みんなの意見「危機意識が緩む「コロナ慣れ」、感じますか?」

このページの先頭へ