プレスリリース

2020.11.04

Yahoo!乗換案内、土日祝日の路線の混雑傾向の表示を開始

平日の通学や出勤以外にも、おでかけや旅行の計画の参考に

ヤフー株式会社が提供する、あらゆる機能を無料で利用できる乗換検索アプリ「Yahoo!乗換案内」(Android版、iOS版)は、これまで平日のみ表示していた路線の混雑傾向を4段階のアイコンで表示する「混雑予報」の土日祝日の表示を開始しました。


「Yahoo!乗換案内」は、ユーザーの混雑を避けた行動の支援や「新しい生活様式」の推進のため、今年6月に路線の混雑傾向を表示する「混雑予報」の提供を開始しました(※1)。
今回、“土日のおでかけ時にも、混雑傾向を知りたい”というユーザーからの声にお応えし、さらなるユーザーの電車移動時における混雑回避を支援するために、これまでの平日に加えて、土日祝日の混雑傾向を表示開始し、これにより、ユーザーは週末のおでかけなどに役立たせることが可能となります。

また、「混雑予報」は、ユーザーが乗車している電車が混んでいるかどうか、乗換案内の検索結果から投稿し、共有できる機能「みんなの混雑投稿」(※2)を通じて、精度を向上してまいります。ユーザーは、「座れる」「ゆったり立てる」「肩が触れる」「身動きできない」の4つのボタンから一番近い混み具合を投稿でき、列車全体の「前方・中央・後方」のどのあたりに乗車しているかの位置の選択もできます。

「Yahoo!乗換案内」は、「混雑予報」を通じて、「みんなの混雑投稿」によるユーザーの声も参考に、ユーザーが安心して混雑を避けて、お出かけできる機会を提供し、サービスの向上に努めてまいります。

※1:Yahoo!乗換案内、路線の混雑傾向を表示する「混雑トレンド機能」を提供開始(2020/6/9)
現在、「混雑トレンド機能」は「混雑予報」に名称を変更しています。
※2:「みんなの混雑投稿」について

<「混雑予報」機能 確認方法>
1.ルート検索結果で確認する
検索したルートの「混雑予報」が確認できます。ルート内でもっとも「混雑」している駅区間のアイコンが表示されます。


2.検索結果詳細で確認する
検索結果詳細から駅を展開すると、駅区間ごとの「混雑予報」が表示されます。

また、ルート検索の際に、日時指定検索を利用して特定の日時の「混雑予報」を確認できます。
※日時指定検索では30日後までの「混雑予報」を確認できます。

<「みんなの混雑投稿」の使い方>
1.検索結果詳細の「混雑状況を投稿」をタップ
乗車する路線の検索結果詳細を開いて、「混雑状況を投稿」をタップします。

2.混み具合を選択し、ボタンをタップ
「座れる」「ゆったり立てる」「肩が触れる」「身動きできない」の4つの混み具合から、一番近いものを選択、ボタンをタップします。その際に、乗車駅と乗車時間など、自分が乗った電車が表示されているかどうかをご確認ください。

一度タップしたあと、同じボタンを再度タップすると投稿を取り消すことができます。また、違うボタンをタップすると投稿内容を変更できます。

※混雑を投稿する駅の区間について
「混雑状況の投稿」は最初に乗車した駅区間での混雑状況について投稿します。
例)新橋~赤坂見附間の場合、最初の新橋~虎ノ門間の混雑状況を投稿します。新橋~赤坂見附までの全体を通しての投稿ではありませんのでご注意ください。
途中で乗換があった場合も、乗車直後の最初の駅区間について混雑状況を投稿します。

3.乗車位置を選択
混雑状況を投稿すると、乗車位置が選択できるようになります。乗車している車両が、列車全体の「前方・中央・後方」のどのあたりになるかを確認してボタンをタップしてください。

投稿結果がタイムラインに表示されます。
投稿画面をスクロールすると、ほかの人の投稿結果を確認できます。混雑状況を投稿すると、自分の投稿結果もタイムラインに表示されます。
停車駅のタブを選択すると、同一路線のほかの停車駅の投稿結果を確認できます。

このページの先頭へ