プレスリリース

2020.08.03

Yahoo!ブラウザー、検索機能を大幅強化・リニューアル

~ カメラ検索の強化をはじめ、各種検索がスムーズに ~

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)が提供する、累計1,200万ダウンロードを突破し、Androidブラウザーアプリで利用者数No.1(※)を誇る「Yahoo!ブラウザー」は本日、利用者の利便性向上を目的に、検索機能の強化およびデザインを大幅リニューアルしました。
※:デフォルトブラウザーを除く 出典:Nielsen Mobile NetView 2020年2月データ(アプリレベル/Android)


これまで、「Yahoo!ブラウザー」はスマートフォンのメモリ最適化など、ウェブサイトの閲覧を支援する機能の提供が中心でしたが、ユーザーの利用実態を鑑みて、利用頻度が高い検索機能の課題解決を目的に、このたび「Yahoo!ブラウザー」の大幅リニューアルを決定しました。

従来「Yahoo!ブラウザー」は、起動すると「Yahoo! JAPAN」スマホ版トップページを表示していました。そのため、検索機能が上部にあり指が届きにくく、「早く検索したい」と思う時にスムーズに検索ができない状態でした。
(図1)このたび、ブラウザーアプリとして、各種検索機能を指が届きやすい画面下部にまとめて設置し、アクセスしやすくすることで、日々の検索をよりスムーズにお使いいただけるようになりました。また、これまでも搭載していたカメラ検索や音声検索においては、文字入力が不要となるため「どのようなキーワードで検索したら良いか分からない」という時にもスムーズに答えに辿り着けるよう検索機能を提供してまいります。(図2)

このたびのリニューアルにより、トップ画面に各検索機能(文字、カメラ、音声など)をはじめ、ショッピング(Yahoo!ショッピング)、ヤフオク!といったECサービスへの検索を設置し、「Yahoo!ブラウザー」からユーザーが欲しい物や探したい物をスムーズに検索できるようになりました。また、Twitterで盛り上がっている「話題のワード」や、ウェブ検索数が急上昇した「検索急上昇ワード」を通じて、検索の持つビッグデータから見える世の中の状況を発信してまいります。

このように、リニューアル後の「Yahoo!ブラウザー」では、ユーザーはさまざまな検索機能を一目で閲覧・利用できる他に、話題のワードをトップに掲出することにより、話題の情報をいち早く知ることが可能となります。

また、撮影した画像・スマートフォンに保存されている画像・ウェブ上の画像から、似ている商品や画像を検索できるカメラ検索機能もアップデートしました。今まで類似商品検索と類似画像検索(関連サイト含む)が分かれており、それぞれで撮影して検索結果を表示する形式だったものを、1回の検索で商品・画像・関連ウェブサイトなどの情報をまとめて検索できるように機能をアップデートしました。

カメラ検索機能は、写真から手軽に検索したいときはもちろん、検索したいアイテムの名前が分からないとき、SNSで素敵な服や鞄を見つけたけれど、どんなワードで検索したら良いか分からないときなど、文字入力無しでかんたんに利用でき、新しい検索体験を提供します。

「Yahoo!ブラウザー」は、ユーザーのあらゆる検索に関する悩みを少しでも解消する一助となることを目指します。

■トップ画面について
文字・カメラ・音声など、さまざまな検索ができるほか、Twitterで盛り上がっている「話題のワード」などをかんたんに確認できます。

<図1:リニューアル前>


<図2:リニューアル後>

■カメラ検索機能について
写真の被写体(ファッション商品や食品などに対応)の類似商品、類似画像、関連サイトがかんたんに検索できます。

■プロモーション動画
トップ画面(外部リンク)
カメラ検索(外部リンク)

このページの先頭へ