プレスリリース

2020.04.13

厚生労働省との協定締結を踏まえ、位置情報、検索・購買履歴のビッグデータ分析を新型コロナウイルス感染症対策に役立てる取り組みを開始

本取り組み(新型コロナウイルス感染症対策 協力プロジェクト)の説明ページ

ヤフー株式会社(以下、ヤフー)は、お客様のプライバシーを十分に保護することを前提に、位置情報、検索・購買履歴のビッグデータを分析し、厚生労働省など関係省庁が実施する新型コロナウイルス感染症対策の最適化・効率化に貢献する取り組みを、本日4月13日(月)より開始しました。
本取り組みは、ヤフーが、厚生労働省を含む関係省庁による「新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に資する統計データ等の提供の要請」(※1)を3月31日(火)に受け、外部有識者(※2)よりアドバイスをいただき、提供情報や利用目的、協力条件などを明確にする協定書を厚生労働省と本日4月13日(月)に締結(※3)した上で、実施する運びとなりました。

「Yahoo! JAPAN」アプリなどにおいて、ヤフーによる位置情報の利用を許可に設定しているお客様を対象に、本取り組みへの協力依頼告知を4月13日(月)より段階的に「Yahoo! JAPAN」アプリ上へ掲出し、協力を募っています。
告知画面上の「協力する」を選択し同意をいただいたお客様が一定数に達したタイミングで、同意をいただいたお客様の位置情報、検索・購買履歴をヤフー内にて組み合わせて分析し、「感染者集団(クラスター)の発生が疑われるエリア」を推定します。この分析結果(集団の傾向などを示す統計データ)を厚生労働省に提供し、厚生労働省など関係省庁がさまざまな情報とともに総合的な検討を踏まえ、「医師の配置の最適化」や「健康相談体制の充実」などの各種取り組みに活用いただきます。
なお、提供するデータは分析結果(統計データ)であり、お客様の個人情報は提供しません。本取り組みが適正に運用されるよう、ヤフーが設置するプライバシーに関する外部有識者で構成される会議体(プライバシーに関するアドバイザリーボード)(※2)から、引き続きアドバイスを受けます。

ヤフーは本件に限らず今後も、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のために、ビッグデータやITを使って、さまざまな取り組みを行ってまいります。

※1:新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に資する統計データ等の提供の要請について(経済産業省)(外部サイト)
※2:プライバシーに関するアドバイザリーボード
※3:新型コロナウイルス感染症のクラスター対策に資する情報提供に関する協定を厚生労働省と締結(プレスリリース)

■本取り組みの実施期間:
2020年4月13日(月)から
※終了時期は、感染の拡大の状況によって適切に判断します。
※分析結果の提供によって、万が一不当な差別などが発生した場合、またはアドバイザリーボードの助言を受け、ヤフーが本プロジェクトを中止すべきと判断した場合は、即刻データの分析と分析結果の提供を中止します。

■本取り組みの分析概要:
本取り組みへの同意をいただいたお客様の位置情報と、検索・購買履歴を組み合わせてヤフー内で分析し、お客様がいたエリアごとに、新型コロナウイルス感染症の感染者が特徴的に行うと考えられるサービス利用(検索・購買)が行われた数の増減などを算出します。
分析の対象とする情報は、本取り組みへの同意をいただいたお客様の2020年1月1日から(「Yahoo! JAPAN」アプリ、「Yahoo! MAP」アプリ(Android版のみ)において、ヤフーによる位置情報の利用を許可に設定している場合に限ります)上記実施期間の終了時点までに生成された情報とします。


(図)提供する分析結果を架空の地図上に表示したイメージ

■本取り組みの目的:
・感染者集団(クラスター)の早期発見とそれによる各種施策の実施
・外出自粛要請等の社会的距離確保施策の実効性の向上
・感染者集団(クラスター)対策に係る施策の実効性の検証及びその精度の向上

■本取り組みに向けたヤフー代表取締役社長・川邊健太郎のコメント:
2020年4月7日(火)、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、7都府県を対象に緊急事態宣言が発令されました。私たちは今、未曽有の事態に直面しています。
新型コロナウイルス感染症は、私たちや私たちの大切な人々の生命に脅威を与えるだけでなく、生活を支える産業や経済にも甚大な影響を与えています。私たちは、これ以上の新型コロナウイルス感染症の感染拡大を、いま、なんとしてでも食い止めなければなりません。
ヤフーは、お客様のご協力のもとビッグデータの力を解き放ち、新型コロナウイルスに立ち向かい、1日でも早く安心して過ごせる日々を取り戻したいと考えています。ヤフーだけでできることは小さくとも、お客様のご協力があれば、きっと大きな力にすることができると信じています。ぜひ本取り組みの趣旨をご理解の上、ご協力お願いいたします。

このページの先頭へ