• このエントリーをはてなブックマークに追加

    2019年8月29日

    ヤフー株式会社
    パスレボ株式会社

    日本初の全席ダイナミックプライシングの音楽イベント「EXPERIENCE VOL.1」 今年11月に開催が決定

    ~需要や取引状況に応じて価格が決まる「ダイナミックプライシング」販売を採用。
    会場内キャッシュレス決済も導入し、次世代型音楽イベントを提案。~

    「EXPERIENCE VOL.1」特設サイト

    ヤフー株式会社(以下、ヤフー)とエイベックス・エンタテインメント株式会社の共同出資による合弁事業会社「パスレボ株式会社」(以下、パスレボ)では、2019年11月21日(木)~24日(日)に、日本初の全席ダイナミックプライシングを採用した音楽イベント「EXPERIENCE VOL.1」の開催を決定しました。

    パスレボは、2016年5月に設立した会社で、Yahoo! JAPANのもつメディア機能を活用したチケット販売促進の強化をはじめ、イベントへのダイナミックプライシングや、公式再販の仕組みの導入支援など、チケット販売における様々な課題に取り組んでいます。2018年9月からは、アメリカ最大級のチケット販売会社「AXS Group LLC.」(読み:アクセス・グループ・エルエルシー)と日本国内における独占的なパートナー契約を締結し、「360度3Dマップビュー」や、観客動員数や行動履歴をリアルタイムに把握できる「電子チップ搭載型リストバンド」の技術の導入も進めています。

    ダイナミックプライシングは、AI技術を活用し、需要と供給に応じて価格を変動させるシステムで、プロ野球やプロサッカーなどスポーツイベントを中心に導入が進んでいます。今回パスレボでは、音楽イベントとしては日本初となる、全席ダイナミックプライシングのイベントの開催を決定しました。ダイナミックプライシングの導入により、チケット購入者はお好みの座席をご自身で選択でき、座席位置や需給に応じた納得感のある価格でチケットを購入できます。イベント主催者は、個々の顧客のニーズを満たし、高い顧客満足度を実現するとともに、収益の向上が期待できます。ヤフーの保有するビッグデータ、最新のテクノロジーを導入した本イベントを通じて、多くのお客様にダイナミックプライシングの仕組みを体験いただくとともに、音楽イベントでの有効性の検証を進め、各種音楽イベントでの導入拡大に注力していきます。

    EXPERIENCE VOL.1」に導入予定の仕組み
    ・ダイナミックプライシング:
    ダイナミックプライシングは、AI技術を活用し、需要と供給に応じてリアルタイムに価格を変動させる仕組みです。商品、市況、天候、個人の嗜好などに関するビッグデータをクラウド上のプラットフォームで迅速に分析し、需要の予測を基に価格の上げ下げを自動的に行うことで顧客のニーズに即応し、併せて収益向上に役立てることができます。
    本イベントでは、ダイナミックプラス株式会社(※)がもつ価格算出のアルゴリズムを採用し、市況やお客様からの需要、日々の販売実績データをもとに、適正な価格でチケットを販売します。

    ・個席選択でチケット購入:
    会場内座席を個席単位で確認。お客様の好みの座席を選択して購入できます。

    ・会場内オールキャッシュレス:
    スマートフォン決済サービス「PayPay」を導入し、会場内はオールキャッシュレスを実現します。

    【公演概要】
    公演名:EXPERIENCE VOL.1
    開催日:2019年11月21日(木)、22日(金)、23日(土・祝)、24日(日)
    会場:幕張メッセ イベントホール
    特設サイト

    出演アーティストは9月上旬に発表予定です。同時にチケット購入方法を知ってもらうためのコンテンツを公開し、仕組みを知っていただいた後、9月下旬~10月上旬より順次チケットを販売する予定です。

    パスレボでは、本イベントを通じて新たな音楽イベント体験をお届けするとともに、これらの仕組みの導入を推進し、日本のエンターテインメント市場の拡大に貢献して参ります。

    ※ダイナミックプラス株式会社は、三井物産株式会社、ヤフー株式会社等が出資する、ダイナミックプライシングサービスを提供する会社です。
    ダイナミックプラス株式会社(外部リンク)

最新のプレスリリース

PAGE TOP