• このエントリーをはてなブックマークに追加

    2018年10月30日

    ヤフー株式会社

    著名クリエイターやインフルエンサーの オリジナル動画コンテンツをYahoo! JAPAN上に掲載

    開始時は約200名が参加。毎月500本を超える作品を配信する新たな
    投稿プラットフォーム「Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム」を開設

    Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム ウェブサイト

    ヤフー株式会社(以下、ヤフー)は、厳選されたクリエイターやインフルエンサーが自身の作品や動画コンテンツなどを自由に投稿できる新たなプラットフォーム「Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム」(以下、本プログラム)を開設しました。

    本プログラムは、厳選されたクリエイターやインフルエンサーがコンテンツを投稿できる新たなプラットフォームです。11月1日時点で、各業界で活躍するクリエイター約200名が参加。今後、毎月500本を超える動画コンテンツを、「Yahoo! JAPAN」アプリやYahoo! JAPAN(スマートフォン/PC)のトップページ(タイムライン形式で表示)、本プログラムの専用WEBサイトなどで随時配信します。
    本プログラムには、月間300~500万PVのブログを運営するgori.meさんや、SNSフォロワー100万人以上を誇るミスターヤバタンさんなど著名なクリエイターやインフルエンサーが参加し、本プログラムオリジナルの動画コンテンツを投稿します。ユーザーは、厳選されたクリエイターやインフルエンサーが投稿した『ショートフィルム』、『おもしろ/ネタ』、『トレンド/カルチャー』、『モノ/ガジェット』、『How to』、『専門マスター』の6ジャンルの動画コンテンツを全て無料で視聴できます。気に入った作品は「いいね」ボタンで評価したり、SNSへの共有が行えます。

    ヤフーは、各分野の専門家や有識者が個人として情報を発信する「Yahoo!ニュース 個人」を2012年に開設し、その執筆活動を支援してきました。本プログラムは「クリエイターをエンパワーメントする」ことをミッションに掲げ、「Yahoo!ニュース 個人」で培った支援のノウハウを活かし、投稿に対するインセンティブやクリエイターの制作活動をサポートするさまざまなプログラムを用意しています。
    制作支援においては動画マーケティングや動画メディア事業を展開している株式会社Viibarと連携し、動画制作のノウハウをマニュアル化しクリエイターに無償で提供します。また、動画コンテンツ制作の経験が少ないクリエイターには、カクテルメイク株式会社の動画簡易制作ツール「RICHKA」を本プログラム用にカスタマイズし無償で提供します。
    さらに著名動画クリエイターが多数在籍するUUUM株式会社や、インフルエンサーマーケティング専門の株式会社サイバー・バズなど、クリエイターをマネジメントする企業などと連携。本プログラムを活用した新たなクリエイターの活躍支援のスキームを構築していきます。

    今後、本プログラムは、動画コンテンツに加え、記事や写真、イラストなど多様なコンテンツにも対応する総合的な投稿プラットフォームとして拡大していく予定です。また、「クリエイターファースト」を合言葉に、参加クリエイター同士のつながりの強化、ユーザーとのコミュニティづくりやリアルな交流イベント等も積極的に開催していきます。
    ヤフーは、本プログラムを通してユーザーに価値あるコンテンツを届けることで、ユーザーの興味関心を「調べる」「出かける」「やってみる」などの具体的な行動につなげていくとともに、ユーザーとの出会いの接点を増やしメディアパワーの最大化を目指します。

    Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム」概要
    ウェブサイト
    ■ジャンル:『ショートフィルム』、『おもしろ/ネタ』、『トレンド/カルチャー』、『モノ/ガジェット』、『How to』、『専門マスター』の6ジャンル
    ■投稿内容:クリエイターやインフルエンサーが自ら制作、投稿したオリジナル動画コンテンツ
    ※『ショートフィルム』は10分前後、それ以外のジャンルは1~2分前後の短尺動画
    ■クリエイター数:約200名(11月1日時点)
    ■投稿数:毎月500本超を予定

    ■参加クリエイター例

    ■本プログラムと連携する主なパートナー企業
    ・UUUM株式会社
    ・株式会社サイバー・バズ
    ・株式会社クリーク・アンド・リバー
    ・株式会社ドリップ
    ・株式会社ブルズ
    ・株式会社Viibar
    ・カクテルメイク株式会社
    ・株式会社パシフィックボイス
    ・Tokyo Docs 実行委員会

    <サービスロゴ>

最新のプレスリリース

PAGE TOP