• このエントリーをはてなブックマークに追加

    2018年3月1日

    ヤフー株式会社

    「防災力」を高め、防災タイプを診断する「全国統一防災模試」、「Yahoo! JAPAN」アプリで開始

    ~ 起こりうる災害への備えに、防災の知識を身に付けよう ~
    https://bousai.yahoo.co.jp/pr/201803/


    ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、東日本大震災から7年を迎える今、改めて震災の記憶の風化を防ぎ、災害への備えの重要性を啓発するため、スマートフォン用アプリ「Yahoo! JAPAN」内にて、防災に必要な知識や能力を問う「全国統一防災模試」を3月1日(木)から31日(土)までの期間限定で実施します。

     

    Yahoo! JAPANは昨年、銀座「ソニービル」に津波の高さを表現する屋外広告を掲出し、災害を忘れず防災意識を高めてもらうための啓発活動を実施しました。
    本年は、いつか起こりうる災害への備えとして、災害時に役立つ知識を身に付けておいてほしいという想いから、東北大学災害科学国際研究所 佐藤翔輔 准教授監修のもと、「発災」「避難」「避難所」「生活再建」のフェーズに合わせた全25問の設問から構成される「全国統一防災模試」を実施します。また、タップやコンパス機能などスマートフォンの特性を活かしたインタラクティブな問題も用意しており、体験を通じて知識の習得ができます。

    「全国統一防災模試」の結果は点数(満点は100点)として表示されます。さらに、正解した問題の傾向から、防災に必要な5つの能力(「防御力」「行動力」「協働力」「知識力」「判断力」)がチャートとして表示され、能力の特性から「防災優等生」「防災の番人」などのタイプ(全33タイプ)が診断されます。点数や診断結果は、SNSでシェアすることができます。
    「全国統一防災模試」の期間終了後(4月1日以降)には、A4サイズ1枚にまとまった設問と解答の一覧を、Yahoo! JAPAN特設サイトからダウンロードができる予定です。印刷して職場や家族で共有するなど、模試の内容を復習することが可能です。

    また、3月10日(土)に東京・丸の内の「KITTE」にて「全国統一防災模試」を体験できるイベントも開催予定です。
    さらに、本木雅弘さんを起用した新CMを3月1日(木)より放映開始し、「全国統一防災模試」への参加を促していきます。

    Yahoo! JAPANでは、2011年の東日本大震災以降、3月11日に合わせてさまざまな被災地支援や防災啓発の取り組みを行っており、本年も「全国統一防災模試」に加え、さまざまなコンテンツを提供予定です。

    <Yahoo! JAPAN「全国統一防災模試」概要>
    ■期間:2018年3月1日(木)~3月31日(土)
    ■参加要件:スマートフォンアプリ「Yahoo! JAPAN」のダウンロード
    ■対応デバイス:スマートフォン(iOS、Android)
    ■端末範囲:iOS9以上、Android4.2以上 ※端末によっては一部非対応機種がございます。
    ■特設サイト:https://bousai.yahoo.co.jp/pr/201803/

    <Yahoo! JAPANアプリ「全国統一防災模試」の設問について>
    ■東北大学災害科学国際研究所 佐藤翔輔准教授の監修による、災害発生から時系列となった設問
    設問は東北大学災害科学国際研究所 佐藤翔輔准教授が監修しました。選択肢による設問のほか、タップやコンパス機能を使用したスマーフォンアプリならではのインタラクティブな設問も用意しています。
    ・設問数:25問(選択肢問題18問 インタラクティブ問題7問)
    ・所要時間:約15分
    ・制限時間:なし(災害時には判断力が問われるため、解答スピードが点数に反映されます)

    ■設問例
    ・揺れがおさまった。まずすべき行動は? ①コンセントを抜いておく ②ドアを開けておく ③部屋を片付ける
    ・倒れている人を発見。正しいスピードでタップして心臓マッサージをしなさい ※画面をタップして解答
    ・避難所生活において正しい心がけは? ①共同生活なので、プライバシーは確保しない ②きれいな設備が整っていなくても、トイレを我慢しない ③体力を消耗しないように、運動は控える

    ■監修
    東北大学災害科学国際研究所 佐藤翔輔(さとうしょうすけ)准教授
    2004年に新潟県で発生した7.13新潟水害、中越地震を体験。2011年3月京都大学情報学研究科博士後期課程修了(博士(情報学))。日本学術振興会特別研究員(DC2,京都大学防災研究所付)、東北大学大学院工学研究科附属災害制御研究センター・助教授、同大災害科学国際研究所・助教授を経て、2017年11月から現職。2015年科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(振興部門)、2014年地域安全学会年間優秀論文賞などを多数受賞。専門は災害情報、災害伝承、災害復興、防災・減災に関する啓発。東日本大震災で被災した地域を中心に実践的な研究に取り組んでいる。

    佐藤翔輔 准教授からのコメント
    災害から命・生活を守るためには、普段からの正しい知識やワザをおぼえて、練習しておくことはもちろんのこと、実際に災害が起きたときに生き残って、生き抜いて、生活をたてなおさなければなりません。このYahoo! JAPANアプリ「全国統一防災模試」は、その過程の中で起こりそうな場面を出してくれますので、普段と災害のときのことを改めて考えることができます。ただ、「災害のときは必ずこうなる」「防災の正解はこれ」というものは残念ながらありません。このアプリで出された問題の正解が、いつでも正解とは限りません。いろんな機会の中で、災害について学ぶこと、試してみることが命を守ることにつながります。

    <Yahoo! JAPANアプリ「全国統一防災模試」の結果について>
    Yahoo! JAPANアプリ「全国統一防災模試」の結果は点数、能力チャート、タイプが、結果として表示されます。その結果は、FacebookやTwitterでシェアが可能です。

    ■点数による評価
    結果は点数(満点は100点)で表示されます。設問への正解数に加え、解答の速度を加味して点数を算出します。

    ■能力チャート、タイプ
    正解した問題のタイプや解答の速度から、防災に必要な5つの能力(「防御力」「行動力」「協働力」
    「知識力」「判断力」)を分析し、チャートとして表示されます。さらに、能力の特性から「防災優等生」「防災の番人」などのタイプ(全33タイプ)が分かります。イラストは、シンプルな線画で描かれた人物イラストで知られる長場雄さん(Yu Nagaba)が担当しました。

    ■設問と解答はダウンロードが可能 
    「全国統一防災模試」の期間終了後(4月1日以降)には、A4サイズ1枚にまとまった設問と解答の一覧を、Yahoo! JAPAN特設サイトからダウンロードができる予定です。印刷して職場や家族で共有するなど、模試の内容を復習することが可能です。

    <本木雅弘さん出演 新CM「全国統一防災模試 宣言篇/問題篇」について>
    本木雅弘さんが出演する、「全国統一防災模試」への参加を訴えるテレビCMを放映いたします。

    ■テレビCM概要
    ・タイトル: 「全国統一防災模試 宣言篇」(15秒/30秒)
           「全国統一防災模試 問題篇」(15秒)
    ・放映期間: 3月1日(木)~3月14日(水)
    ・放映エリア: 全国
    ・URL: 「全国統一防災模試 宣言篇」(15秒) https://youtu.be/2n_qtiXcG88
         「全国統一防災模試 宣言篇」(30秒特別版) https://youtu.be/_EamSeQNLtc
         「全国統一防災模試 問題篇~がれきからの救助~」(15秒) https://youtu.be/NRfAyt5WprM
         「全国統一防災模試 問題篇~帰宅困難な時に~」(15秒) https://youtu.be/HD-VplaQifA
         「全国統一防災模試 問題篇~避難場所はどれ~」(15秒) https://youtu.be/vCII0biBV94

最新のプレスリリース

PAGE TOP