企業情報

2020.12.17

大阪都構想投票2をビッグデータで振り返る ~なにわの地域分断なぜ~

大阪都構想をビッグデータで振り返る ~なにわの地域分断なぜ~

こんにちは、Yahoo! JAPANビッグデータレポートです。
2020年11月1日に「大阪市廃止・特別区設置住民投票」、いわゆる大阪都構想の賛否を問う住民投票が行われ、以下のとおり僅差で否決されました。

(図1)投票結果

都構想の投票結果を表した地図と円グラフ
資料:大阪市ホームページより引用。カッコ内は特別区案の区名

結果を見たところ、北部・内陸部と南部・沿岸部で賛否の傾向が分かれています。まるで米国の大統領選のようです。今回はこの件についてビッグデータで検証していきます。なお、地図上の太線は、特別区案の4区を表しています。

大阪都構想への注目度は高かったのか?

まずは基本情報として「大阪都構想」に対する全国的な注目度の比較です(図2)。大阪府が突出して高く、奈良、兵庫、京都など近隣の大阪と関連の深いエリアが続きます。近畿圏以外ではなぜか島根県の注目度が高めでした。なお、近畿地方に含められることも多い三重県の注目度は低く、大阪との関連度は低いことが見てとれます。

(図2)都道府県別の「大阪都構想」への注目度

47都道府県別の「大阪都構想」の注目度を指数化した棒グラフ
資料:ヤフー検索(2020/7/1~2020/10/31、期間中の全検索数に占める「大阪都構想」関連検索数の比率を指数化)

図3は大阪府における注目度の日別推移です。最終日の到達点は前回2015年投票時に及ばなかったようですが、告示日前後での伸長率では前回投票時を上回りました。

(図3)大阪府の「大阪都構想」注目度の日別推移

大阪市内の「大阪都構想」の注目度の日別推移の折れ線グラフ
資料:ヤフー検索(2020/7/1~2020/10/31、大阪府対象、期間中の最小値を100とした指数)、 ※告示後の日別平均÷告示前の日別平均

日本維新の会(以下、維新)への関心度合いはどうでしょうか(図4)。大阪市の主要政党に関する相対的注目度の変化を見たところ、告示日以降に維新の注目度が高まっていますが、おおむねそう高くはなかったようです。

(図4)大阪市の主要政党別 相対的注目度

大阪市内の主要政党の相対的注目度の変化を構成比で表した面グラフ
資料:ヤフー検索(2020/7/1~2020/10/31、大阪市対象、与党:自由民主党+公明党、その他野党:立憲民主党+国民民主党+日本共産党+社会民主党+れいわ新選組)

エリア別の関心度合いの差

続いて区別の投票結果と都構想および維新への注目度を確認してみましょう。図5は賛成票率の降順に並んでいます。北区から東淀川区までの10区が賛成多数、東成区から港区までの14区が反対多数です。賛成多数のエリアでは都構想への関心自体が薄く、投票率も市平均より低めの傾向が見られました。同じデータを地図で表してみると(図6)、賛成多数だった北部・内陸部では投票率と都構想の注目度が薄めであったことがわかります。なお、維新の相対的注目度は北部と沿岸部で薄めの傾向があったようです。

(図5)大阪市の投票結果と大阪都構想・維新の注目度

大阪市区別の投票結果と投票率、「大阪都構想」および維新への注目度の棒グラフ
資料:大阪市資料、ヤフー検索(2020/7/1~2020/10/31、大阪市対象  ※1:期間中の全検索量に占める比率を指数化 ※2:主要政党の検索数計に占める比率)

(図6)大阪市の投票結果と大阪都構想・維新の注目度

大阪市区別の投票結果と投票率、「大阪都構想」および維新への注目度を表した地図
資料:大阪市資料、ヤフー検索(2020/7/1~2020/10/31、大阪市対象  ※1:期間中の全検索量に占める比率を指数化 ※2:主要政党の検索数計に占める比率)

現役層とシニア層で分断が?

性年代別ではどうでしょう(図7)。都構想の注目度は男性30~60代で高く、若年層とくに女性の関心が低かったようです。維新の相対的注目度は40代以下で高く、シニア層では低い傾向が見られます。仮に維新の相対的注目度が都構想への姿勢を反映していると仮定した場合、ざっくりいうと若手現役層がどちらかと言えば賛同的、シニア層が反対的、そして女性若年層が無関心な傾向があったのではと推定されます。

(図7)大阪市の性年代別 大阪都構想・維新の注目度

大阪市内の性年代別の「大阪都構想」および維新への注目度の棒グラフとプロット
資料:ヤフー検索(2020/7/1~2020/10/31、大阪市対象、属性不明データ除外  ※1:期間中の全検索量に占める比率を指数化 ※2:主要政党の検索数計に占める比率

これらの属性による差異が投票結果に影響しているのでしょうか(図8)。区別の投票結果と各エリアの40代以下人口構成比(15歳以上人口に占める構成比)を並べてみると、賛成多数エリアは比較的若い年代が多いことがわかります。投票人口の年代傾向が投票率、ひいては投票結果に影響したと推定できます。

(図8)大阪市の投票結果と年代構成

大阪市区別の投票結果と投票率、15歳以上人口に占める40代以下人口構成比の棒グラフ
資料:大阪市資料 ※:15歳以上人口に占める40代以下の構成比)

自民党関心層は無関心だった?

次に主要政党の関心層が都構想にどれくらい関心を寄せていたのかを確認してみましょう(図9)。都構想の注目度を見ると、やはり維新の関心層が最も高く、自民党の関心層だけが特に低かったようです。一方、公明党の関心層は維新についで高かったため、与党内で傾向が分かれる結果となりました。

(図9)大阪市の主要政党関心層の大阪都構想の注目度

大阪市内の主要政党の関心層ごとの「大阪都構想」への注目度を表した棒グラフ
資料:ヤフー検索(2020/7/1~2020/10/31、大阪市対象、属性不明データ除外  ※:各関心層のうち「大阪都構想」関連検索者の割合)

みんなが様子見?論点がわかりにくかった可能性も

では大阪市民は都構想について何を知りたがっていたのでしょうか。図10は主要政党関心層別の「大阪都構想」の関連検索ワードランキングです。いずれの関心層でも一位は「大阪都構想 世論調査」でした。他にも世論や情勢を伺う検索ワードが上位にランクインしており、多くの人が状況の様子見をしていたことが推測されます。「メリット デメリット」をセットで調べる傾向も高かったようです。都構想によって何が変わり自分の生活にどう影響するのか、具体的な検討ポイントが分かりづらかった可能性も否めません。

(図10)大阪市の主要政党関心層別 大阪都構想 関連検索ワードランキング

大阪市内の主要政党の関心層ごとの「大阪都構想」を含む関連検索ワードランキング
資料:ヤフー検索(2020/7/1~2020/10/31、大阪市対象)

まとめ

  • 大阪市内の都構想への関心は投票直前に盛り上がった
  • 結局、都構想は世代間対立が基礎図式であり、シニア層が若手をギリギリで寄り切ったと推定される
  • 主要政党別では自民党関心層の都構想への冷淡さが目立った
  • 多くの人が状況の様子見。投票の決め手がわかりづらかった可能性も

Yahoo! JAPANビッグデータレポートでは今後もさまざまな話題について、データで検証していきます。よろしくお願いします。

このページの先頭へ