CSR

分散表現の学習時間を短縮するAI技術OSS化

タスクデータのグラフ

ヤフーは、AI・自然言語処理技術の一つである分散表現の学習時間を短縮化する技術「yskip」を、2019年4月18日よりオープンソースソフトウエア(OSS)として公開しました。
この技術を用いて大量のテキストデータからさまざまな単語の関係性を機械学習し、単語同士の意味の相違を機械的に推定し、コンテンツの解析として活用しています。

本技術は、導入後の特許侵害の発生リスクをおさえ、安心して利用いただくため、特許権を取得しています。

2019年10月掲載

関連リンク

このページの先頭へ