Yahoo! JAPANが挑戦する社会課題解決の取り組みSafer Internet Dayを記念してシンポジウムを開催

講演の様子

世界100カ国以上で公的機関、市民、企業などが連携して、インターネットの安全な利用環境の実現に向けた活動が行われる「Safer Internet Day(セーファーインターネットデー)」。2018年2月6日には、日本でもシンポジウムが開催され、ヤフーからは未就学児のインターネット利用に関する調査結果や望ましい“ネットデビュー”のあり方について発表を行いました。また、IT業界のパパママたちをパネリストに迎え、子どもとインターネットの関わり方について、“本音”で語り合う座談会も開催。
こうしたイベントを通じて、安心・安全なインターネット利用環境の実現に取り組む関係者が相互理解を深め、連携して課題解決に取り組むための官民のコミュニティーを築いています。
(追加2018年11月)

関連リンク