CSR

長時間労働・過重労働対策

ワンオンワンを行っている写真

長時間労働の従業員に対しては、産業医・人事・上長の面接指導を実施しており、長時間労働による健康障害発生のリスク低減に努めています。一定時間以上の時間外労働実施者に対しては勤怠管理システム上でアラート通知や、長時間労働に関するe-ラーニングおよびチェックテストの実施、上長が部下のために使う時間1on1などにより、過重労働対策を行っています。

2020年7月更新

関連リンク

このページの先頭へ