CSR

未来世代がデジタル社会を生きていくための気付きと選択肢を

専門学校で授業を通して行われるeコマースの人財育成の様子の写真

IT人財育成プロジェクトでは、ヤフーの従業員が講師として全国の高校を中心に、ITを活用したアクティブラーニング主体の教育プログラムを提供しています。
本プログラムは、高度化していくデジタル社会をどう生き抜いていくのかをテーマに、生徒自身で考えていくきっかけを提供することを目的としています。
インターネット販売やデジタルマーケティングなどを教材のベースに問題を考えながら、主体性や協働、多様な価値観や思考を体感できる内容となっています。

2020年7月更新

関連リンク

このページの先頭へ