プレスリリース

2022.04.01

「PayPayカード」 本日よりApple Payへの対応を開始

PayPayカード株式会社
Zホールディングス株式会社
ヤフー株式会社

Apple Payガイドページ

Zホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長Co-CEO:川邊 健太郎)のグループ会社であるPayPayカード株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:谷田 智昭)は、発行するクレジットカード「PayPayカード」が、2022年4月1日よりApple Payに対応したことをお知らせします。

Apple Payでのお支払いも、「PayPayカード特典」の対象となるため、Apple PayでPayPayカードを利用しても、通常のご利用時と同様に、ご利用分の1%のPayPayポイントが貯まります。

Apple Payでのお支払いは、お客様がプラスチックカードを店員に手渡したり、暗証番号を入力するために決済端末に触れたり、紙幣や硬貨をやり取りすることなく、iPhoneやApple Watchを使ってコンビニエンスストアやスーパー、ドラッグストア、ファストフードレストランなどで、非接触で安心安全な決済ができます。また、Apple PayのSuicaやPASMOへのチャージや、多くのApple Payに対応したアプリやウェブでのオンライン決済にもご利用いただけます。

■Apple Payの利用方法
<店舗でのお支払い>
・QUICPay™

・タッチ決済(Mastercard/JCBブランドのお客様)

<オンライン上でのお支払い(Mastercard/JCBブランドのお客様)>
・Apple Payに対応したアプリやWebサイト

■Apple Payについて
安全性と個人情報の保護はApple Payの基礎となる重要な要素です。Apple PayをiPhone等の端末に設定した場合も、お客様がお持ちのカード番号はお客様のデバイスやAppleのサーバーに保管されることはありません。お客様の端末には、各デバイス固有の番号が発行され、暗号化された状態で安全にデバイス内のセキュアな領域に保管されます。Apple Payをご利用いただく際、お客様のカード番号が、加盟店に通知されることはありません。

店頭でのお支払いはiPhone 7以降とApple Watch Series 2 以降が対応しており、コンビニエンスストアやスーパー、ドラッグストアなど、国内外のMasterCard / JCBのタッチ決済加盟店およびQUICPay™加盟店の店舗でご利用いただけます。

アプリやウェブでのオンライン決済にもApple Payをご利用いただけます。Touch ID、Face IDまたはパスコードを入力するだけで支払いが完了し、配送先や連絡先、カード番号などをお買い物の都度入力する必要がないため、素早く簡単に決済できると同時に、加盟店側にカード番号を知られることがないため、非常に安全かつプライバシーが守られます。

Apple Payの詳細は https://www.apple.com/jp/apple-pay/ をご確認ください

Apple Payを利用するにはiOS 10.1以降が必要です。Apple Payに対応しているデバイスについては https://support.apple.com/ja-jp/HT208531 をご覧ください。

※ Apple、Apple Pay、Apple Watch、Face ID、iPhone、Touch IDは、米国および他国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。

※ 利用可能なアプリやウェブはこちらをご参照ください。 https://www.apple.com/jp/apple-pay/where-to-use/

■PayPayカード株式会社について
PayPayカードは、2021年10月1日にワイジェイカードから社名を変更し、新たにPayPayカードとして日本一のカード会社を目指して営業を開始しました。

Zホールディングスグループをはじめ、キャッシュレス決済サービスの「PayPay」との連携を強化し、サービスを利用するユーザーの暮らしをより便利に、多様な決済シーンでご利用いただけるサービスの拡大を図ってまいります。

このページの先頭へ