プレスリリース

2022.01.31

ヤフー、セキュリティ意識の向上やフィッシング詐欺などから身を守る正しい知識を身につけるための情報発信企画「サイバーセキュリティマンデー」を実施

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、毎年2月から開始される「サイバーセキュリティ月間」にあわせて、ユーザーにセキュリティ意識の向上やフィッシング詐欺などから身を守るための正しい知識を身につけていただくことを目的とした情報発信を行う企画「サイバーセキュリティマンデー」を実施します。



近年、サイバー犯罪の件数が増加を続けています。特にフィッシング詐欺は、2021年の報告件数が前年比2倍以上の52万件を超え過去最高の件数となったほか(※1)、情報処理推進機構が発表した「情報セキュリティ10大脅威 2022」(※2)では、対個人の脅威の1位に位置づけられました。Yahoo! JAPANではこれまで、フィッシングサイト撲滅のための取り組みや、より安全な認証方法の提供など、ユーザーに安全にサービスをご利用いただくためのさまざまな取り組みを行っています。一方、ユーザー自身が安全にサービスを利用するための知識を身につけることも重要です。

そこで、Yahoo! JAPANでは、内閣サイバーセキュリティセンターが推進する「サイバーセキュリティ月間」に合わせて、2月の毎週月曜日を中心に、ユーザーがフィッシング詐欺などから身を守るための情報を、SNSや公式サイトなどで発信する企画「サイバーセキュリティマンデー」の実施を決定しました。

【実施予定内容】
・ID/パスワード管理に関するアンケート調査結果の公開(2月7日予定)
・サイバーセキュリティのプロが教えるフィッシング詐欺対策啓発動画の公開(2月14日予定)
・Yahoo! JAPAN公式Twitterでの発信(毎週月曜日)
・Yahoo! JAPANコーポレートサイトでの解説記事(毎週月曜日)

Yahoo! JAPANでは今後も、ユーザーの皆さまに安全・安心にサービスをご利用いただくため、さまざまな取り組みを進めてまいります。

※1:フィッシング対策協議会 2020年1月~2021年12月 月次報告書より算出
※2:情報処理推進機構(IPA)「情報セキュリティ10大脅威 2022」

このページの先頭へ