プレスリリース

2021.12.15

Yahoo!ニュース、自分だけの「ヤフトピ風」画像を作ってシェアできる 特別企画「ヤフトピ風メーカー」を提供開始

今年の主要ニュースをジャンルごとに振り返る
特集サイト「Re:START(リスタート)」も公開

URL:https://news.yahoo.co.jp/special/lookback2021/

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)が運営する日本最大級のインターネットニュース配信サービス「Yahoo!ニュース」は本日より、ユーザー自身が印象に残った2021年のニュースを選び、2022年の抱負を入力することで、「Yahoo!ニュース トピックス」をイメージした自分だけのオリジナル画像が作成できる特別企画「ヤフトピ風メーカー」を、2022年3月31日までの期間限定で提供します(※1)。

今年は新型コロナウイルス感染症の拡大により、飲食や旅行などのさまざまな行動を制限される期間が長く、東京オリンピック・パラリンピックをはじめとする大型イベントも原則無観客開催になるなど、多くの人が我慢を強いられる1年でした。そこで「Yahoo!ニュース」では、今年の主要ニュースをジャンルごとに振り返る特集サイト「Re:START(リスタート)」を本日より公開するとともに、ユーザーが新たな気持ちで2022年をスタートできるように後押しする特別企画「ヤフトピ風メーカー」を提供します。

「ヤフトピ風メーカー」は、ユーザー自身が今年もっとも印象に残ったニュースを、「Re:START」に掲載されている29本のニュースから3本選定し、来年の抱負を「仕事」「勉強」など約40種類の目的語と、「を頑張る」「を始める」など約40種類の動詞を組み合わせて入力することで、「Yahoo!ニュース トピックス」をイメージしたオリジナル画像が作成できる特別企画です。ユーザーは画像をダウンロードして、ページ上に設置されたSNSのボタンを押すだけで、自分だけのオリジナル「ヤフトピ風」画像を簡単にシェアして楽しめます。

「ヤフトピ風メーカー」は、ユーザーが今年のニュースを振り返るだけではなく、来年に向けて目標や挑戦したいことなどの抱負を入力することで、新たな気持ちで2022年をスタートできるように後押しすることを目的としています。なお、2022年3月31日までの提供期間中、ユーザーは何度でも「ヤフトピ風メーカー」でオリジナル画像を作成できます(※2)。

※1:Internet Explorer(IE)10以前のバージョンでは利用できません。
※2:特別企画は予告無く終了する場合があります。

■「ヤフトピ風メーカー」の使い方
1:「Re:START」のトップページに表示された「ヤフトピ風メーカー」のボタンをタップして表示された企画ページで、「作ってみる」ボタンを押してスタートします。

2:「Re:START」に掲載されている今年の主要ニュースから、もっとも印象に残ったものを3本選定します。

3:来年の抱負を、約40種類の目的語と動詞を組み合わせて入力します。

4:完成したオリジナルの「ヤフトピ風」画像は、簡単にダウンロードやSNSでのシェアが可能です。

■「Re:START」について
特集サイト「Re:START」は「Yahoo!ニューストピックス」の編集部が厳選した今年の主要ニュース29本を、「新型コロナ」「五輪・パラ」「政治」「社会」など10種類のジャンルに分けて掲載しています。画像を中心に構成し、あらゆるユーザーが今年のニュースをわかりやすく振り返ることができるように工夫をしています。

「課題解決と行動につながるニュースを伝える」をミッションに掲げる「Yahoo!ニュース」は今後も、多様なジャンルのニュースをあらゆるユーザーへわかりやすく届けるために努めていきます。

このページの先頭へ