プレスリリース

2021.04.22

ヤフー、アパホテル全国直営181店のデイユースプランをPassMarketで取り扱い開始

~ コロナ禍でのワークスペース利用など、日帰り利用の需要を受け、新たな販路としてPassMarketでの販売を開始 ~

https://passmarket.yahoo.co.jp/

 ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)が運営するデジタルチケット販売サービス「PassMarket(パスマーケット)」は、本日よりアパホテルの全国直営181店の日帰りプラン「デイユースプラン」の取り扱いを開始しました。なお、アパホテルのホテル直販や旅行代理店以外でのプラン販売は「PassMarket」が初めてです。

 新型コロナウイルスの感染拡大や外出自粛要請などを受けて、旅行や宿泊の需要が落ち込む一方、テレワークが普及したことで、ホテルや旅館などの宿泊施設をワークスペースとする新たな利用方法が注目されています。アパホテルでは、国内直営店舗の日帰り利用実績が2020年3月度は約12,000室だったところ、2021年3月度は約30,000室と2倍以上に増加しました。

 このような日帰り利用の需要拡大を受け、Yahoo! JAPANは、アパホテルの全国直営181店の「デイユースプラン」の「PassMarket」での取り扱いを開始しました。「PassMarket」のチケットはPC、スマートフォン、タブレットから利用でき、Yahoo! JAPAN IDを取得していると、最短2クリックで申し込みでき、手軽に利用できます。なお、今後アパホテルの直営店がオープンした際には「デイユースプラン」を「PassMarket」で販売します。

 アパホテルは、お客様へ安心・安全な滞在を提供するため、全国に「特別衛生検査官」を配置し、社内に「衛生検査組織」を新たに発足し、「接触感染、飛沫感染対策を強化した衛生基準」に基づく消毒・清掃管理の強化など、多方面から新型コロナウイルス対策に取り組んでいます。
 また、アパホテルを運営するアパグループは、2021年5月10日で創業50周年を迎え、記念したキャンペーンやプランの販売を予定しており、その記念したプランも「PassMarket」での販売も検討しております。

 「PassMarket」は、有料チケットをペーパーレスかつ電子決済で販売できるシステムを備えています。このような機能を活用して、宿泊施設やレジャー施設などを支援できるようサービスの提供、改善を実施してまいります。

<アパホテル株式会社 取締役社長 元谷芙美子氏コメント>
アパホテルではホテル業界に先駆け、テレワーク応援プランを販売するなど、新たな生活様式に根差したホテルの活用方法を提案することによって、コロナ禍においても新たな需要の創出を行って参りました。「PassMarket」は、Yahoo! JAPAN、LINE、PayPayなど、グループ会社に大きな期待ができることに加え、非接触の「電子チケット」を導入しており、新たな販路として最適であると考えています。

■利用方法
1.チケットを申し込む
「PassMarket」より利用を希望する地域のアパホテルと日にちを申し込みます。

2. チケットを受取る、利用する
申し込み時に入力したメールアドレス、もしくは「PassMarket」の購入済みのチケット画面よりチケットが確認できます。「PassMarket」は、紙のチケットは発行されず、スマートフォン上の画面に表示された二次元バーコードを施設のフロントのアプリチェックイン専用機にタッチすることでチェックインとチェックアウトができます。(PCから印刷もできます)

「PassMarket」について 
Yahoo! JAPANが運営するデジタルチケット販売サービス。「PassMarket」を使えば「告知」「販売」「管理」に関する情報を一つのプラットフォームに集約でき、あらゆるジャンルのチケットを個人・法人を問わず、どなたでも効率的に販売できます。また、ユーザーの購入手順は最短2ステップで、購入から入場まですべてスマートフォンで完結します。

このページの先頭へ