プレスリリース

2020.07.23

Yahoo! JAPAN、「がんばれ」と検索すると、一人につき10円を 東京2020を目指す選手たちのために寄付する「アスリート応援検索」を開始

~ 東京2020オリンピック・パラリンピックの開催1年前に
新型コロナの影響を受ける選手たちを応援

国立競技場で実施されるプログラム「一年後へ。一歩進む。~+1(プラスワン)メッセージ~ TOKYO2020」(東京2020組織委員会主催)のライブ配信も実施 ~

「アスリート応援検索」特設サイト

東京2020オフィシャルサポーター(インターネットにおける情報及びナビゲーションサービス)であるヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、東京2020オリンピック・パラリンピック(以下、東京2020)を目指す選手たちを応援する企画「アスリート応援検索」(以下、本企画)を7月23日(木)0時00分から7月26日(日)23時59分まで実施します。本企画は、「Yahoo!検索」で「がんばれ」と検索すると、一人(※1)につき10円を、Yahoo! JAPANから東京2020を目指す選手たちの育成・強化のために寄付(※2)します。

※1:検索者数はユニークブラウザー数で集計します。
※2:2,000万円を上限金額として、Yahoo! JAPANから寄付します。


新型コロナウイルス感染症の影響で、東京2020を目指す選手は、練習や試合の自粛を余儀なくされていました。また、練習や試合が再開される中でも、大会遠征費や宿泊費、スポーツ用具などの活動費の工面など、資金面で課題を抱えている選手もいます。本企画では、東京2020を目指す選手たちを応援することを目的に、期間中ユーザーが「Yahoo!検索」で「がんばれ」と検索すると、一人につき10円を、Yahoo! JAPANからJOC(公益財団法人日本オリンピック委員会)およびJPC(公益財団法人日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会)に寄付します。寄付金は選手たちの育成・強化のために使われる予定です。

また、本企画の特設サイトでは、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と連携し、7月23日(木)20時00分から20時15分まで、東京2020オリンピック・パラリンピックの開催1年前に国立競技場で実施されるプログラム「一年後へ。一歩進む。~+1(プラスワン)メッセージ~ TOKYO2020」(東京2020組織委員会主催)をライブ配信し、東京2020の盛り上げに貢献します。さらに、特設サイトにてアーカイブ動画を掲載予定です。

【アスリート独占インタビュー/パラスポーツの募金プロジェクト紹介】
特設サイトでは、桃田賢斗選手(バドミントン)や中西麻耶選手(パラ陸上競技)など、アスリートの現在の心境を独占インタビューした記事を公開しています。また、ユーザーが直接寄付することでアスリートを支援できるよう、「Yahoo!ネット募金」で掲載している車いすテニスや車いすフェンシング、パラバドミントンなど、パラスポーツ関連の選手育成・競技普及のための募金プロジェクトを紹介しています。

このページの先頭へ