プレスリリース

2020.06.01

Yahoo!ニュース、「新しい生活様式」に悩みや不安を抱えるユーザーの声を募集し 記事で解決に寄与する特集サイト「私たちはコロナとどう暮らす」を公開

〜 ユーザーの意見やニーズを取り入れてオリジナル記事を新たに制作する、
Yahoo!ニュース初の取り組みを実施 〜

特設サイト「私たちはコロナとどう暮らす」

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)が提供する日本最大級のインターネットニュース配信サービス「Yahoo!ニュース」は本日、新型コロナウイルスがもたらす社会変容や「新しい生活様式」(※1)に悩みや不安を抱えるユーザーの疑問や意見などを募集し、それらの解決に寄与するための記事を提供する特集サイト「私たちはコロナとどう暮らす」を公開しました。本特集では、ユーザーから寄せられた意見やニーズを取り入れ、「Yahoo!ニュース」がオリジナル記事を新たに制作する取り組みも初めて実施します。



■本特集サイト公開の背景と概要
緊急事態宣言が2020年5月25日に全都道府県で解除された一方で、政府は「新しい生活様式」をはじめとする、さまざまな感染予防の実践を国民に呼びかけています。新型コロナウイルスと共存しながら暮らすことによるライフスタイルや考え方などの劇的な変化に、悩みや不安を抱えるユーザーが多く見られます(※2)。

「Yahoo!ニュース」は、そうしたユーザーの疑問や意見などを「Yahoo!ニュース みんなの意見」や「Yahoo!ニュース コメント」、ソーシャルメディアで広く募集し、意見やニーズを取り入れたオリジナル記事を制作することで、「新しい生活様式」を実践するユーザーの快適な暮らしを支援します。多数のユーザーから寄せられる意見だけではなく、ときには少数派の声も取り上げ、また表面化しづらい問題にもスポットを当てることで、新型コロナウイルスがもたらす課題について社会全体で考えるための機会を創出していきます。


記事は、「Yahoo!ニュース 特集」や「Yahoo!ニュース 個人」、「THE PAGE」などのYahoo! JAPANが独自に制作するものに加えて、「BuzzFeed Japan」をはじめとした媒体各社の記事から、ユーザーの悩み解決や日常生活などに役立つ内容を厳選します。ユーザーがそれぞれの興味に応じて、記事や他のユーザーから寄せられた意見などを参考にできるように、「仕事・お金」、「医療・健康」、「学び」、「レジャー」、「その他」のカテゴリーに分類して掲載します。

また、本特集内では、“新しい生活”へのヒントとなる、さまざまなコンテンツも紹介します。

本特集へは、スマートフォン版「Yahoo! JAPAN」または「Yahoo! JAPAN」アプリの「新型コロナ」タブや、PC版「Yahoo!ニュース」内右カラムの「Yahoo! JAPAN 特設ページ」などからもアクセスできます(※3)。

「Yahoo!ニュース」はメディアの社会的責任として、ユーザーが抱える課題やニーズに向き合い、良質な記事を提供することで、新型コロナウイルスの影響で社会がかつてない変化を求められている状況においても、ユーザーが快適かつ便利な生活を送ることができるように努めていきます。

※1: 厚生労働省「新しい生活様式の実践例」(外部リンク)
※2:「Yahoo!ニュース みんなの意見」で行った、「新型コロナとの共存社会、不安に感じていることは?」という調査では、約18万人から投票が得られ、多くのユーザーが「雇用・就労」、「医療・介護」、「教育」などの幅広い分野に対して不安を感じていると回答しています。
※3:2020年6月1日時点

このページの先頭へ