プレスリリース

2020.05.12

「ツール・ド・東北 2020」中止について

株式会社河北新報社
ヤフー株式会社

株式会社河北新報社とヤフー株式会社は、2020年9月19日(土)、20日(日)の両日に開催を予定しておりましたサイクリングイベント「ツール・ド・東北 2020」の中止を決定いたしました。

感染拡大が続いている新型コロナウイルスの影響を考慮し、感染リスクがある中での運営が困難であると判断いたしました。当初、2020年3月中旬に予定していたエントリー受付を延期しておりましたが、4月以降になっても終息の糸口が見えず、開催できる環境ではないとの結論に至りました。また、ライダーの募集、ボランティアの確保、事故等に備えた救護体制の構築等、事前に調整すべき課題の解決は困難と判断せざるを得ません。主催者としては大変残念でなりませんが、なにとぞご理解賜りますようお願い申し上げます。

来年は、東日本大震災から10年の節目の年を迎えます。これまで以上に「ツール・ド・東北」の魅力を高め、再び東北の地で交流の場を提供したいと考えております。

「ツール・ド・東北」は、宮城県や東北におけるサイクルツーリズム推進を後押しし、新たな観光資源のひとつとして震災復興と地方創生へ貢献することを目指しています。「ツール・ド・東北」は今後も、一人でも多くの方に被災地に訪れてもらい、自転車を通して東北の魅力や現状、復興への道のりを感じていただける自転車イベントを目指していきます。

最後に、新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、早期の終息を祈念いたします。

※大会中止の詳細についてはこちらをご参考ください。

※「優先出走ライダー」について
「ツール・ド・東北2019」でボランティアとして従事された方は、「ツール・ド・東北 2021」で優先出走ライダーとしてエントリーできます。対象となる方には「ツール・ド・東北 2021」のエントリー受付を開始する前に、別途ご案内いたします。

■参考情報
<前回大会(ツール・ド・東北 2019)のコース情報>
2019年9月14日(土) 大会1日目(大会関係者が走行する視察ライド)
福島県南相馬市発および宮城県亘理町発の2コース
2019年9月15日(日) 大会2日目(一般ライダー向けライド)
実施コース:6コース
石巻発210km「気仙沼フォンド」/石巻発170km「南三陸フォンド」
石巻発100km「北上フォンド」/石巻発65km「女川・雄勝フォンド」
気仙沼発100km「気仙沼ワンウェイフォンド」/「仙台発奥松島グループライド」

・公式サイト
「ツール・ド・東北」公式サイト

・公式SNS
「ツール・ド・東北」公式Facebook(外部リンク)
「ツール・ド・東北」公式Twitter(外部リンク)

このページの先頭へ