プレスリリース

2020.04.27

<新型コロナウイルス感染症対策>幼稚園・保育園や学校の休園・休校、外出自粛の要請などによる子供への影響について検索動向を分析したレポートを公開

~ 子供のストレス症状やストレス発散方法、子供と楽しく過ごす方法についての検索が増加中 ~

ヤフー・データソリューション 自主調査レポート

ヤフー株式会社(以下、ヤフー)が提供する事業者向けデータソリューションサービスでは、新型コロナウイルス感染症対策としての幼稚園・保育園や学校の休園・休校、また外出自粛が要請される中での、子供への影響などについて「Yahoo!検索」での検索動向を分析したレポートを公開しました。

まず、子供に関するワードにおいて、直近1カ月の検索数が上昇傾向にあるものをランキング形式でみてみます。下記は緊急事態宣言から2週間が経った4月20日(月)時点の上昇率スコアランキングです。赤色が「子供との過ごし方」、青色が「子供のストレス」、緑色が「親が新型コロナウイルスにかかった場合子供をどうすればいいのか」に色分けしていますが、上位20件はほとんどがこの3つで占められています。特に長期化する休みを子供とどう過ごすのか、家で何をして遊ぶのかについて、方法や情報を求めている親が多いことがわかります。

次に、直近1カ月の検索数上昇率が高いキーワードのうち、「子供」を含むキーワードを対象として共起ネットワークで可視化しました。これにより、子供に関する興味関心・悩みにおいてここ最近特に増えてきているものを俯瞰的に把握することが可能です。円は大きいほど「関心が高い」と考えられます。

大きな円から着目すると、子供用マスクが手に入らなかったり小さな子供はサイズが合わないことなどもあり手作りしている様子や、咳や熱などの風邪が新型コロナウイルスなのかといった症状を心配している様子など、大人同様に新型コロナウイルス感染症に直結した課題として挙がっていることがわかります。

それ以外では、「子供と一緒にお菓子や料理作り」「簡単な工作・手芸キット」「無料塗り絵や折り紙」「ゲーム、YouTube、映画」「室内でテント遊び」など、子供と一緒に楽しく過ごす方法について色々と調べている様子がわかります。加えて、室内で過ごす時間が長くなるために「キックボード」「バランスボール」「ダンス動画」など子供の運動不足を解消する方法も多く調べられていました。また、子供と一緒に過ごす時間が多いということは、ご飯を作る回数も多くなることを意味しており、最近増えてきているテイクアウトを上手に活用したり、ホットプレートを使って簡単にかつ楽しくご飯を工夫する様子や、子供が喜ぶご飯のレシピ検索などが増えているのも印象的です。

もう一つ、無視できないものが「ストレス」です。

「子供 ストレス」「コロナ 子供 ストレス」といったキーワードの上昇率が目立っています。「子供と常に一緒に過ごすことによる親のストレス」という意味も考えられる検索キーワードですが、よく見ていくと「新型コロナウイルスによる(休校要請や外出自粛などによる)子供のストレス」を心配している親が増えてきていると思われます。

一つ目の山は2月末に休校措置がとられた直後で、急な休校措置による学校の終了によるものも含まれていたと推測されます。4月にはいってからは「自粛 子供 ストレス」などの上昇率が目立ち、あわせて子供自体のストレスのサイン(蕁麻疹、嘔吐、腹痛)を調べている方も多くいました。

また、ストレスの心配の増加と共に、対処方法=発散方法も調べられており、病院や幼児教育業界などが発信する対策情報や、関連ニュース記事、「Yahoo!知恵袋」などで解決策の共有など、皆さん工夫し対処していく様子を感じます。

ヤフー・データソリューションでは、今後も新型コロナウイルス感染症対策やその影響の分析に役立てていただける調査レポートやデータの発信を行っていく予定です。

このページの先頭へ