プレスリリース

2020.02.03

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けたヤフーの屋外広告が渋谷駅前をジャック!

「東京2020を予習しよう。」をコンセプトにYahoo!検索の利用促進を目指す

東京2020オフィシャルサポーター(インターネットにおける情報及びナビゲーションサービス)であるヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、2月1日(土)より渋谷駅 ハチ公前広場と渋谷駅地下道壁面にて、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)に関する屋外広告を掲出しました。



「東京2020を予習しよう。」をコンセプトにした本広告は、これから盛り上がりを見せる東京2020大会を前に、大会に関するさまざまな疑問を掲載した内容です。広告内には、検索窓に“2020”と記載があり、ユーザーが気になる東京2020大会の疑問について、検索行動を促し、大会機運醸成に貢献します。
Yahoo! JAPANは、インターネットにおける情報及びナビゲーションのサービス・アプリを通じて、より便利かつ快適に、観戦者の方を含め東京2020大会に関わる皆様が楽しめるよう支援し、自国開催の大会の成功に向けて貢献してまいります。

【「東京2020を予習しよう。」掲出場所/掲出期間】
・渋谷駅 ハチ公前広場など:2月1日(土)~2月14日(金)
・東京メトロ半蔵門線渋谷駅地下道壁面:2月3日(月)~2月16日(日)
 ※駅係員へのお問い合わせはご遠慮ください。

※参考情報
ヤフー、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会オフィシャルサポーター契約を締結
Yahoo! JAPANは、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と東京2020スポンサーシッププログラムの「インターネットにおける情報及びナビゲーションサービス」カテゴリーにおける『東京2020オフィシャルサポーター』契約を締結しています。

このページの先頭へ