プレスリリース

2020.01.22

「Yahoo!ネット募金」、WWFジャパンとともに オーストラリア森林火災支援募金の窓口を開設

ヤフー株式会社
公益財団法人世界自然保護基金ジャパン

募金ページ

ヤフー株式会社と公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(以下、WWFジャパン)は、日本最大級のインターネット募金サービス「Yahoo!ネット募金」にて、オーストラリアの野生動物保護と自然環境の回復を目的とする募金窓口を開設しました。

2019年の秋から燃え続けているオーストラリアの森林火災は、かつてない規模となっており、2020年1月上旬の時点で、少なくとも29名の尊い人命が失われ、数千の人々が家を失い、暮らしを脅かされています。すでに、北海道の面積を上回る1,070万ヘクタールが焼失し、草原や森の多くが失われました。さらに、多くの野生動物も火災によって直接、命を落としているほか、生息地を失ったことによって、壊滅的な影響を受けています。

WWFオーストラリアは現在、火災で傷ついた野生動物の治療にあたっている獣医師組織の支援や、火災による野生生物や自然環境への影響調査などに取り組んでいるほか、鎮火後については広範囲での自然再生を計画しています。皆さまからいただいた寄付金は、全額をWWFジャパンよりWWFオーストラリアに送金し、野生生物の保護や生息地の回復等の活動に活用されます。

本募金は、クレジットカードで100円から、または、Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
オーストラリアの野生動物保護と、その生息地の回復のために、皆さまからの温かいご支援をお願いいたします。

■「Yahoo!ネット募金」について
2004年に発生した新潟県中越地震をきっかけに開始した、ネット上で気軽に寄付ができるサービスです。国内外を問わず甚大な災害に対して寄付を行う“緊急災害募金”と、NPO等の団体が寄付を募る形態があります。緊急災害募金の中で、東日本大震災に対する寄付額は過去最高額の13億7,000万円以上にのぼりました(現在は受付終了)。

このページの先頭へ