プレスリリース

2019.11.12

テクノロジーを活用したユニークな作品を通じて、ものづくりの楽しさを体験! 「Yahoo! JAPAN Hack Day 2019」、12月15日に開催

~ 今年はゲスト審査員に「わくわくさん」こと久保田雅人さんをお迎えし、工作パフォーマンスを披露。
ニコニコ生放送、YouTubeライブでの生配信も決定! ~

ヤフー株式会社(以下、ヤフー)は、12月15日(日)に秋葉原UDXにて、日本最大級のハッカソンを中心に、体験ブースなどを通じてテクノロジーを楽しみながら体験いただけるイベント「Yahoo! JAPAN Hack Day 2019」(以下、「Hack Day」)を開催します。



「Hack Day」とは、総勢300人以上のエンジニアやデザイナーがチームを作り、24時間以内に開発した作品をプレゼンテーションして競い合う“ハッカソン“を中心に、個人クリエイター・企業によるテクノロジーを使った面白コンテンツの展示ブースなどを通じて、ものづくりの楽しさを一緒に体験するイベントです。

昨年のハッカソンでは、動画撮影・動画配信時に使える、スマホ1台だけで簡単に背景合成が可能なアプリ「バーチャルスタジオカメラ」、タイトルを決めるだけで世の中の膨大な漫画の会話データなどからセリフやコマ割りを構築して漫画を自動生成する「まんがか」など、ユニークかつさまざまなテクノロジーを駆使した作品が多数発表されました。
※昨年の受賞作品はウェブサイトで公開しています。

今年は、ハッカソンのゲスト審査員として“工作のレジェンド”である「わくわくさん」こと久保田雅人さんをお迎えし、“WakuWaku賞”を選定・表彰いただくとともに、オープニングイベントでパフォーマンスも披露いただきます。なお、オープニングイベント、ハッカソンプレゼンステージや表彰式はニコニコ生放送およびYouTubeライブで生配信を予定しています。

体験ブースには、自分の動きでオーケストラの演奏映像をコントロールし指揮者を疑似体験できる作品や、ページに合わせて絵や言葉が変化するインタラクティブ絵本作品など、テクノロジーを楽しみながら体験いただける作品を展示するブースが多数登場します。さらに、「オタマトーン」や「魚コード」で知られる株式会社明和電機の公式ショップや、遊びながらプログラミングを学べるお子様向けのワークショップなども実施予定です。

ヤフーは、エンジニア・デザイナーなどクリエイターの才能と情熱を解き放つハッカソンを中心とした公開イベント「Hack Day」を、2013年より毎年冬季に開催しています。「Hack Day」を通じてクリエイターを応援し続けていくとともに、多くの方にテクノロジーをより身近に感じていただくことを目指してまいります。

■「Yahoo! JAPAN Hack Day 2019」開催概要
・日時:2019年12月15日(日)12:00開場
<体験ブース>12:00~ <ハッカソンプレゼンステージ>12:30~
・会場:秋葉原UDX(東京都千代田区外神田4-14-1)
・入場料:無料
(ハッカソンへの出場は有料の事前申込制(締切済み))
・ライブ配信:12:30~18:15(予定)
 ニコニコ生放送(外部リンク)
 YouTubeライブ(外部リンク)
公式サイト

このページの先頭へ