• このエントリーをはてなブックマークに追加

    2019年9月4日

    ヤフー株式会社
    PayPay株式会社

    「ツール・ド・東北 2019」と「PayPay」がコラボレーション!
    「カードきせかえ」機能に 「弱虫ペダル」スペシャルグラフィックを追加。大会のメイン会場で「PayPay」決済が可能に

    ヤフー株式会社と株式会社河北新報社が共同で主催するサイクリングイベント「ツール・ド・東北 2019」は、PayPay株式会社が提供するスマートフォン決済サービス「PayPay」とコラボレーションします。本日より、「PayPay」アプリの「カードきせかえ」機能に、大人気TVアニメ「弱虫ペダル」のキャラクターが「ツール・ド・東北 2019」の実際のコースを走るスペシャルグラフィックを2種類追加しました。また、2019年9月14日(土)、15日(日)の大会期間中、メイン会場である石巻会場の飲食ブースの一部において、決済手法として「PayPay」が利用できます。

    サイクリングの大会と連携して「PayPay」を導入する取り組みは今回が初めてです。応援者に加え、出走前後のライダーも、財布を出し現金を扱う手間が省け、会場で飲食を快適にお楽しみいただけます。また、財布を携帯せずに出走することで、ライダーは荷物を減らせ快適に走行できます。

    ■「PayPay」アプリの「カードきせかえ」機能に追加する「弱虫ペダル」スペシャルグラフィックについて
    「ツール・ド・東北 2019」の実際のコースを舞台にしたリアルで美しい自然などを背景に、主人公の小野田坂道をはじめとした「弱虫ペダル」のキャラクターが、世界的デザイナーであるポール・スミス氏がデザインした「ツール・ド・東北 2019」のオフィシャル・サイクルジャージを着用して、自転車で走行する姿を描きました。
    「PayPay」アプリのホーム画面にある「きせかえ」ボタンから好きなデザインのカードを選択し、カード部分(バーコードの部分)をお気に入りのデザインにカスタマイズできます。
    ※登場するキャラクターは、小野田坂道、巻島裕介、真波山岳、東堂尽八の4人です。
    ※きせかえできる期間は、9月4日から30日までです。期間中にきせかえを設定した場合は、10月1日以降も継続してご利用いただけます。
    ※「ツール・ド・東北」は昨年に続き「弱虫ペダル」とコラボレーションし、スペシャルグラフィックを、東京メトロ丸ノ内線新宿駅および東京メトロ半蔵門線渋谷駅、仙台市地下鉄仙台駅にて、2019年8月26日(月)から順次掲出しています。
    ツール・ド・東北 フレンズの羽生結弦選手がイラストとして登場!! 「ツール・ド・東北 2019」の実際のコースを羽生結弦選手と「弱虫ペダル」のキャラクターが走行するスペシャルグラフィックを東京メトロ新宿駅・渋谷駅、地下鉄仙台駅にて8月26日より順次掲出!(2019/08/21)


    ■「ツール・ド・東北 2019」石巻会場の飲食ブースにおける「PayPay」決済について
    「ツール・ド・東北 2019」では、食を通して人を結ぶグルメ企画「ツール・ド・東北 応“縁”飯」を実施しています。ツール・ド・東北実行委員会と連携し、大会メイン会場である石巻会場の飲食ブースの一部において、大会期間中、決済手法として「PayPay」が利用できます。東北の海の幸をはじめご当地グルメや有名店のメニューを、現金を用意することなくお楽しみいただけます。

    ・石巻会場での応“縁”飯ブース日程:
    2019年9月14日(土)11:00~17:30、2019年9月15日(日)9:00~17:30

    ・場所:「ツール・ド・東北 2019」石巻会場(石巻専修大学)

    ・PayPay決済対象店舗(9月4日時点):
    石巻元気復興センター、(株)門崎、丸将海産物店、MEAT MEAT MEET 計4店舗

    ・支払い方法:店舗が提示したQRコードをユーザーが読み取る「ユーザースキャン(スキャン支払い)」方式

    ■「ツール・ド・東北」について
    「ツール・ド・東北」は、株式会社河北新報社とヤフー株式会社が、東日本大震災の復興支援、および震災の記憶を未来に残していくことを目的に、2013年より開催しているサイクリングイベントです。
    東北の復興を長きにわたって支えていくため、10年程度継続して開催することをひとつの目標として掲げており、今年で第7回を迎えます。
    地元東北の方々、全国から集まるライダーやその同行者、ボランティアなど、イベントに関わるすべてのみなさまとともに復興への道のりを歩んでいます。
    「ツール・ド・東北」は、今後も、一人でも多くの方に被災地に訪れてもらい、自転車を通して東北の魅力や現状、復興への道のりを感じていただける自転車イベントを目指していきます。
    「ツール・ド・東北」ウェブサイト

    ■「弱虫ペダル」について
    2008年に秋田書店「週刊少年チャンピオン」に初掲載されて以来、現在も大人気連載中。
    ロードレースという自転車競技を題材にし、男女問わず多くの人から支持され、コミックス累計2000万部を超える今最も熱いスポーツ少年漫画です。2013年にTVアニメ化され、計7クールを放送、2015年には劇場版アニメが公開されました。

最新のプレスリリース

PAGE TOP