• このエントリーをはてなブックマークに追加

    2015年2月20日

    ヤフー株式会社

    「リユース! ジャパン プロジェクト Presented by ヤフオク!」新生活シーズンに役立つ情報満載の「2015年春 新生活特集」を公開

    ~ 「リユース意識調査(新生活編)」も実施。
    不用品を譲る・売る一番の理由は、お金よりも“もったいない”~

    特集ページ:http://reuse.yahoo.co.jp/archives/newlife.html

     

     ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)が運営する日本最大級のインターネットオークションサービス「ヤフオク!」が展開する「REUSE! JAPAN PROJECT(以下、リユース! ジャパン プロジェクト」は本日、公式サイト上にて、「2015年春 新生活特集」を公開しました。また、新生活をテーマにした「リユース意識調査」も実施しており、その中間結果を発表します。

    ◆「2015年春 新生活特集」について
    1. 新生活を快適に楽しむための情報が充実
     本特集ページでは、3つのテーマ(「引越し」「新生活」「趣味」)に分けてそれぞれに役立つ情報を紹介しています。例えば、「引越し」では、引越し時に便利なアイテムや掃除のポイント、「新生活」ではお得に一人暮らしを始めるコツ、「趣味」では、新しく始めてみるのにおすすめのスポーツなどを紹介し、新生活を快適に楽しむための有益な情報を掲載しています。


    2.「ヤフオク!」などでリユースを実践するきっかけとなる情報を掲載
     「ヤフオク!」への出品や出張買取サービスなど、不用品を処分する際に最適なリユース手段をテーマ別に紹介しており、新生活を賢く楽しみながらもリユースを実践するためのきっかけとなるような演出をしています。「ヤフオク!」に出品中のグッズもそれぞれのテーマに合わせて掲載しており、そのまま出品ページに遷移して入札いただくことが可能です。

     

    3.Yahoo!知恵袋」と連携した「新生活知恵袋」でお悩みを解決
     特集トップページ上には、知恵共有サービス「Yahoo!知恵袋」と連携し、「新生活知恵袋」を設置しました。新生活関連で人気のある知恵袋の質問タイトルを複数表示し、質問をクリックすると、回答ページに遷移します。「Yahoo!知恵袋」に直接質問することできるフォームも設置しており、もっと新生活関連のお役立ち情報を知りたい場合に便利です。


    ◆「リユース意識調査(新生活編)」について
     「リユース! ジャパン プロジェクト」は、昨年12月以降、不定期でリユースに関する意識調査を実施しており、これまでに「大掃除」「福袋」をテーマにした調査を実施しました。現在は、2月2日より「新生活」をテーマにした調査アンケートを実施中ですが、その中間結果を集計いたしました。

    【調査概要】
    ■調査主体 :ヤフー株式会社
    ■調査方法 :「リユース! ジャパン プロジェクト」サイト上でのアンケート
    ■調査期間 :2015年2月2日(月)~17日(火)※現在も継続調査中
    ■調査対象 :全国の10代~70代の男女342名

    <譲る・売る編>
    新生活を迎えるタイミングで、不用になったモノを人に譲ったり・売ったりしたことがある人(検討中含む)は約8割に。その理由の約7割が「まだ使えるし、もったいないから」

     新生活時期に不用になったモノを譲ったり・売ったりしたことがある人(検討中含む)は79%で、さらにその理由について伺ったところ、「まだ使えるし、もったいないから」が68%と最も多く、「新生活費用の足しにしたいから」(39%)を大きく上回りました。このことから、多くの人がお金のためだけでなく、“モノを大切にしたい”という意識からリユースを実践していることがわかりました。
     一方、不用なモノを譲ったり・売ったりしたことがない理由について伺ったところ、「売ったり・譲ったりするのが面倒」が38%で最も多かったのですが、「いつか使うだろうと思い、保管してしまう」(36%)もほぼ同程度の割合となっており、選択は違えど“もったいない”という意識はリユースを実践する人と重なるところがあるようです。


    <購入編>
    新生活を迎えるタイミングで、リユース品を購入したことがある人(検討中含む)は、約6割。
    その理由の64%が「節約のため」

     新生活時期にリユース品を購入したことがある人(検討中含む)は63%で、その理由について伺ったところ、「節約のため」が64%と最も多く、何かとお金のかかる新生活のタイミングはリユース品で賢く買い物をしようという意識が強いことがわかりました。また、「リユース品でしか手に入らないモノだったため」も17%あり、使わなくなったモノを捨てるのではなく、人に譲ったり・売ったりすることで、誰かにとっては必要なモノになっていることが読み取れるのではないでしょうか。


     「リユース! ジャパン プロジェクト」は、“いつでも、どこでも、すべての人にリユースするワクワクを”をスローガンとする「ヤフオク!」と同様、今後もより多くの人々にリユースに親しんでいただき、より多くのモノがリユースされる世界の実現を目指して、さまざまな取り組みを進めてまいります。

    【リユース! ジャパン プロジェクトについて】
    「ヤフオク!」が2013年2月から開始した“リユースをみんなで広げていくためのプロジェクト”です。リユースが当たり前のライフスタイルを広めることでモノや資源が循環する社会に変えていくことをミッションとし、イベントのレポートや著名人のインタビュー記事など、リユースに関するさまざまな情報を公式サイト上で発信しています。

最新のプレスリリース

PAGE TOP