プレスリリース

2013.10.01

Yahoo! JAPANとエムスリー、
医療機関の優先診療サービス「ファストチケット」を公開

~ 事前の優先診療申し込みで「優先診察券」を発行
待ち時間の短縮でスムーズな受診が可能に ~

ヤフー株式会社
エムスリー株式会社

「ファストチケット」紹介ページのURL http://medical.yahoo.co.jp/hospital/fastticket/

 ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)とエムスリー株式会社(以下、エムスリー)は本日、時間帯を指定して医療機関の優先診察が受けられるサービス「ファストチケット」を公開しました。
「ファストチケット」は、エムスリーが提供する、希望の時間帯を事前に指定することで、優先して医療機関の診察を受けることができる(※1)サービスです。  医療機関が、比較的待ち時間の少ない時間帯を「優先診察」枠として登録すると、「Yahoo!ヘルスケア」の病院情報ページや「Yahoo!ロコ」の検索結果ページに表示されます。来院希望者は、優先診療可能時間帯の表示を確認し、「ファストチケット」のシステムを通じて優先診察券を取得して来院すると、指定時間帯に少ない待ち時間で診察を受けることができます。  外来患者に対する調査では、診察時の「不満」が最も大きい項目として、「診察までの待ち時間」が挙げられており(※2)、待ち時間の不安定さが診察を受ける際の大きなハードルとなっていることがうかがえます。一方、医療機関への調査では、約70%の医療機関が「空いている時間帯がある」「あまり混雑していない」と回答しています(※3)。  「ファストチケット」は、これらのミスマッチを解決し、治療の必要がある患者がより適切なタイミングで医療機関を受診できることを目指します。  Yahoo! JAPANは、総合ヘルスケア情報サービス「Yahoo!ヘルスケア」を通じて、日本全国の病院情報や、病気・健康に関する情報などを紹介してきました。またエムスリーは、日本最大級の医療従事者向けサイト「m3.com」の運営を通じて、約25万人の医師会員(※4)に向けて情報発信を行っています。  Yahoo! JAPANの圧倒的な集客力およびヘルスケア関連サイト運営ノウハウと、エムスリーの医師会員基盤および医療従事者向けサービス運営ノウハウに基づいた設計・開発力により、「ファストチケット」の利用促進を図ります。  Yahoo! JAPANとエムスリーは今後も、ITを使って患者・医療従事者双方の課題を解決するために、新しい取り組みを進めていきます。 <「ファストチケット」について> ■特徴 ・医療機関は、自院の混雑状況を考慮して、待ち時間が比較的少ない時間帯を中心に本サービスを利用することで、新規患者の来院増加が期待できる。また患者は、待ち時間が比較的少ない時間帯を選んで受診することが可能。 ・「時間指定予約」ではなく「優先診察」する時間帯を案内するサービスのため、治療時間が読めず時間予約の運営が適さない医療機関でも運用が可能。 ■利用料 一般患者の利用は無料 ※「優先診察」の申し込みにはファストチケットへの登録が必要です。Yahoo! JAPAN IDと連携するとさらに便利にご利用可能です。 ※医療機関の導入には、サービス利用料が必要です。 ■「ファストチケット」のアドレス  https://fticket.jp/ (※1)指定時間に診察を開始することを保証するものではありません。また、急患対応などの理由により、指定時間帯に優先診療を受けられない可能性があります。 (※2)厚生労働省「平成23年度受療行動調査」より引用。 (※3)エムスリー調べ。 (※4)2013年9月時点。

このページの先頭へ