企業情報

2020.01.22

「1時間ごとの予報が72時間、予報期間は17日に」Yahoo!天気アプリが大幅アップデート

天気

2019年12月、Yahoo!天気アプリのデザインを変更しました。予報の期間を8日から17日に大幅延長し、1時間ごとの予報も48時間から72時間に延長し、さらに先の天気の変化を把握できるようになっています。
今回は、この変更点について詳しくご紹介します。

1時間ごとの予報を72時間分見られる

アプリを立ち上げるとはじめに表示される「今日と明日の天気」を横並びに配置し、左右に動かすことで、明後日までの予報が見られるようにしました。
その下に配置されている「1時間ごとの天気」も、最大72時間(3日分)まで表示されます。

画像
矢印の周辺を左右に動かすと72時間分の予報が見られます

また、下にある小さな青い矢印を押すと、湿度と風速などの情報を表示します。
1時間ごとの天気には、日の出と日の入の情報も表示しています。

画像

17日間の予報が見られる

今回の変更により17日間の予報が見られるようになりました。縦に並んでいる天気マークを確認することで、この先の天気の移り変わりがわかるようになっています。ぜひ、2週間先のお出かけの計画をたてる際などに参考にしてみてください。

画像
15日分と6日分の表示を切り替えられます

予報は日々変わっていくので、10日目の予報からは「信頼度」を表示しています。
詳しい予報を知りたい日付をタップすると「気温の揺れ幅」についての情報も確認できます。少し先の予報を確認する際には、こちらも参考になさってください。

1)信頼度
雨が降る、降らないについて、今後予報が変わる可能性を表しています。
A:予報が変わる可能性は低い
B:予報が変わる可能性はやや低い
C:まだ予報が変わる可能性があるため、引き続き確認が必要

2)気温の揺れ幅
最低・最高気温の予想幅で、この範囲になる確率は70%です。

画像

「今の天気は?」を「現在の状況は?」に変更

ユーザーのみなさまに今の天気の状況を投稿していただく「今の天気は?」の表示を少し変更し、「現在の状況は?」としました。
現在の気温や湿度、気圧がひとつにまとめて見られるようになっていますので、こちらもあわせてご利用ください。

画像
黒い三角を押すと、アメダスの詳しいデータが見られます

今回追加された72時間予報と17日間予報を、長期休暇などのスケジュールをたてる際などに、ぜひご利用ください。

【関連リンク】

このページの先頭へ