CSR

「PayPay」の支援グッズ(きせかえ)販売による社会課題解決(支援)

PayPayのきせかえを購入して東日本大震災と新型コロナウィルス対策を支援しようのロゴマーク

PayPay株式会社は、2020年3月11日から3月31日までの間、新型コロナウイルス感染拡大など社会課題解決の支援を目的として、支援グッズ(きせかえ※)の販売をおこない、売上を特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパンへ寄付しました。
同法人は、新型コロナウイルスと闘う日本の医療を守るため、医療器材・備品を医療従事者に提供しているほか、東日本大震災の復興支援もおこなっています。

支援の状況の詳細は以下のとおりです。
支援グッズ購入者数:62,678人
売上金額合計:18,803,400円
寄付総額:17,094,000円(消費税分を差し引いた金額)

PayPayは、本取り組みをご支援くださったユーザーの皆様に感謝するとともに、今後も社会課題解決に寄与してまいります。

※アプリのホーム画面にある「きせかえ」ボタンから好きなデザインのカードを選択し、カード部分(バーコードの部分)を着せ替えることで、ホーム画面をお気に入りのデザインにカスタマイズできます。


2020年5月掲載

関連リンク

このページの先頭へ