プレスリリース

2022.06.02

Yahoo! MAP、ルート検索に自転車を追加し、
交差点などで進行方向を「音声」や「案内パネル」で案内する機能
「自転車 ターンバイターン方式のナビ」を提供開始

~ 「雨雲レーダー」と連動し、ルート上で最大6時間先の降水量が一目で確認可能 ~
~ 環境にやさしい自転車での移動に便利な機能の提供により、国内の脱炭素化促進に貢献 ~

https://map.yahoo.co.jp/promo/

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)が提供する「Yahoo! MAP」(iOS版、Android版)は、ルート検索に自転車(以下、「自転車のルート検索」)を追加し、交差点などで進行方向を「音声」や「案内パネル」で案内する機能「自転車 ターンバイターン方式のナビ」の提供を開始しました。

また、「自転車のルート検索」は、「雨雲レーダー」(※1)と連動しているため、ルート上で1時間前から最大6時間先の雨雲の動きと降水量が確認できます(※2)。


経済産業省の発表によると、近年、自転車をスポーツ・レジャーとしてライフスタイルに取り入れる人が増え、コロナ禍においてその流れが加速しています。密を避けながら運動不足を解消できることから、移動手段として自転車を利用する人が増えています(※3)。
一方で、国土交通省によると、高速道路へ自転車や歩行者などの誤進入が年々増加しています。また、近年首都高速道路で発生した誤進入のうち、約3割はナビアプリの自動車モードなどの利用に起因することがわかっています(※4)。

「Yahoo! MAP」は、ユーザーがスムーズにひとつのアプリであらゆる場面の移動をできるように、機能拡充を進めています。これまで車や公共交通機関、徒歩のルート検索を提供してきましたが、このたび「自転車のルート検索」の提供開始により、ユーザーが自転車移動の際に最適化されたルートを確認できるようになり、高速道路への誤進入を防ぐためにも役立てられます。

また「自転車 ターンバイターン方式のナビ」により、ユーザーは目的地に到着するまでの右左折時に加え、目的地までの目印となる交差点の案内を「画面地図」案内だけでなく、「音声案内」も組み合わせて利用できます。「音声案内」を活用することにより、“どのくらい先に次のポイントがあり、右折なのか左折なのか”などの情報を音声で確認できるため、ユーザーは自転車の運転中に画面を見る危険性を低減させ、安全に目的地へ到着できます。

さらに、地図上で雨雲のマークのボタンをタップすると「雨雲レーダー」が起動し、検索した自転車のルート上で雨雲の動き(1時間前~最大6時間後)と降水量が一目で確認できます。気象庁によると、沖縄では5月4日から梅雨入りしており、全国各地でももうすぐ梅雨入りすることが予想されています。「自転車のルート検索」と「雨雲レーダー」を連動して使うことで、“いつ、どのルートで雨が降るか”などを確認できるため、梅雨の時期においても天候にあわせた計画が立てられます。

なお、政府は温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする「カーボンニュートラル」を2050年までに目指すことを宣言しており(※5)、自転車は環境にやさしい移動手段として注目されています。自転車の利活用推進による、渋滞の少ない円滑な道路交通や低炭素化の実現を目指し、安全で快適な利用環境づくりが全国で始まっています(※6)。

これまでYahoo! JAPANでは、「カーボンニュートラル」に向けたさまざまな取り組みを推進してきました(※7)。さらに今後はYahoo! JAPANが提供する各サービスを通じて、ユーザーにも気候変動問題や環境負荷の低減などへの理解を促し、一人ひとりが環境に配慮した生活を心がけるための後押しをすることで、国内の脱炭素化の促進に貢献し、持続可能な社会の実現を目指します。
「Yahoo! MAP」においても、環境にやさしい移動手段を推進するために、このたび提供開始した「自転車のルート検索」、「自転車 ターンバイターン方式のナビ」に加えて、電気自動車(EV)用の充電スポットの場所や充電料金などを確認できる「EV充電スポットマップ」機能を2022年4月27日から提供しています(※8)。

「情報技術のチカラで、日本をもっと便利に。」をミッションに掲げるYahoo! JAPAN は「Yahoo! MAP」を通じて、移動全体に関する情報を正しく、わかりやすく、迅速にお知らせしていくために、機能拡充や改善を行い、ユーザーの利便性向上に努めていきます。

※1:Yahoo! JAPANアプリとYahoo!天気アプリ、約2,800万人が利用する「雨雲レーダー」を強化
https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2021/05/11b/
※2:Yahoo! MAP「徒歩のルート検索」でも「雨雲レーダー」との連動を開始しました
※3:経済産業省 電動アシスト車が牽引、堅調な自転車産業 2020年、コロナ禍での動き
https://www.meti.go.jp/statistics/toppage/report/minikaisetsu/hitokoto_kako/20210728hitokoto.html
※4:首都高ドライバーズサイト 首都高速道路への歩行者や自転車等の進入禁止
https://www.shutoko.jp/use/safety/keepout/
※5:経済産業省 「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」
https://www.meti.go.jp/press/2020/12/20201225012/20201225012.html
※6:国土交通省 サイクル都市環境 環境にやさしい「自転車社会」の未来地図
https://www.mlit.go.jp/road/bicycleuse/good-cycle-japan/environment/
※7:Yahoo! JAPANの主な取り組み(抜粋)
・Yahoo! JAPAN、「2023年度 100%再エネチャレンジ」を宣言
https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2021/01/19a/
・Yahoo! JAPAN「地域カーボンニュートラル促進プロジェクト」
https://about.yahoo.co.jp/csr/donationforcarbonneutral/
※8:Yahoo! MAP、電気自動車(EV)用の充電スポットの場所や充電料金などを確認できる 「EV充電スポットマップ」機能を提供開始
https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2022/04/27b/

■「自転車のルート検索」、「自転車 ターンバイターン方式のナビ」、「雨雲レーダー」の使い方と特徴

〈使い方〉
1.「Yahoo! MAP」を起動後、検索窓や周辺検索ボタンなどから目的地を検索
2.「ルート検索」ボタンをタップ
3.「自転車」ボタンをタップすると画面下部に、現在地から目的地までの所要時間と距離が表示
4.「雨雲レーダー」にて天候を確認する場合は、「雨雲ボタン」をタップ
5. 「ナビ開始」ボタンをタップすると現在地からのナビが開始


■「雨雲レーダー」の使い方
画面下部のスライダーを動かすことで、1時間前から最大6時間後の雨雲の動きと降水量を確認可能

〈特徴〉
■「車のルート検索」と「自転車のルート検索」の比較
自転車での走行に最適化したルートを提案



■目的地に到着するまでの「音声案内」
「自転車 ターンバイターン方式のナビ」により、ユーザーは目的地に到着するまでの右左折時に加え、目的地までの目印となる交差点の案内を「画面地図」案内だけでなく、「音声案内」も組み合わせて利用可能

■使い方説明動画


このページの先頭へ