プレスリリース

2021.10.08

インターネットに関する知識を見直し学べるクイズ「全国統一ネット常識力模試」、 参加者の平均点は82.74点、全15問のうち正答率が低いのは「偽情報への対応力」を問う設問

~ 「デジタルの日」にインターネット利用で
気をつけるべきことを見直そう! ~

https://net-literacy.yahoo.co.jp/

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)が、10月10日・11日の「デジタルの日」に向けて10月4日より提供している、インターネット利用に関する知識を学べるクイズ形式のコンテンツ「全国統一ネット常識力模試」の、現在までの参加者の平均点、正答率が低い設問・高い設問をお知らせします。

「全国統一ネット常識力模試」は、SNS利用、フェイクニュース対策、インターネットショッピング、セキュリティ対策などの幅広いジャンルからインターネットを利用するうえで身につけておきたい基礎知識やよくあるインターネットトラブルへの対応を学べる問題を全15問出題しています。

<正答率が低い設問>
・第2問:「【危険!】豪雨で動物園のワニが川に逃走中!」というニュースが話題になっています。真偽を確かめるにはどうすればいい?
・第3問:投稿した写真から個人情報を特定されてしまいました。特定のきっかけになった可能性のある場所を(イラストから)全て選んでください。
<正答率が高い設問>
・第4問:有名ブランドのレアなTシャツが、90%オフで購入できるサイトを見つけました。どうする?
・第12問:仲の良い友人からLINEで「急ぎでプリペイドカードが必要。代わりにコンビニで買ってきてほしい」と頼まれました。どう対応する?

「全国統一ネット常識力模試」は、10月31日まで公開しています。Yahoo! JAPANでは、「デジタルの日」にあわせて、より多くの方に参加いただき、安全にインターネットを利用するための知識を身につけていただくことを目指していきます。

<全国統一ネット常識力模試>
・概要:インターネットに関する知識を見直し、学べるクイズ形式のコンテンツです。インターネットを利用するうえで身につけておきたい基礎知識やよくあるインターネットトラブルへの対応力を試せる問題を全15問にて展開します。なお、問題は総務省発表の「青少年がインターネットを安全に安心して活用するためのリテラシー指標(ILAS)」(※)に沿って作成されています。
・実施期間:10月4日(月)~10月31日(日)
・URL:https://net-literacy.yahoo.co.jp/
※ILASについて

このページの先頭へ