プレスリリース

2021.02.08

「Yahoo!メール」アプリ、メールを自動でフォルダーに振り分ける「スマートカテゴリー」機能を提供開始

~ ダイレクトメールやクーポンメールを「プロモーション」フォルダーに自動で振り分け、メールチェックを簡単に ~

「Yahoo!メール」アプリ(iOS)(外部リンク)
「Yahoo!メール」アプリ(Android)(外部リンク)

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)が運営する「Yahoo!メール」アプリ(iOS版、Android版)は、Yahoo!メールアドレスで受信した企業などからのダイレクトメールやクーポンメールなどのメールを自動で「プロモーション」フォルダーに振り分ける「スマートカテゴリー」機能の提供を開始しました。


ユーザーが、「Yahoo!メール」アプリの「スマートカテゴリー」機能の設定を有効(※1)にすると、受信箱の配下に「メイン」フォルダーと「プロモーション」フォルダーが自動で作成されます。設定後に受信するメールの内容がダイレクトメールやクーポンメールなど販売促進に関する内容の場合、「プロモーション」フォルダーに自動でメールが振り分けられます。これによりユーザーは、面倒な設定をすることなく、販促メールとそれ以外のメールのフォルダーとを振り分けられるので、読みたいメールを探しやすくなり、メールチェックが簡単になります。

なお、従来「Yahoo!メール」アプリには、ユーザーが設定した差出人のメールアドレスや件名などの振り分け条件に応じて、受信メールを振り分ける「フィルター」機能があります。「フィルター」機能で設定した振り分け条件は「スマートカテゴリー」機能よりも優先されるため、ユーザーが既に設定している「フィルター」機能はそのまま利用できます。

■「スマートカテゴリー」機能の活用事例
「スマートカテゴリー」機能により、ユーザーは、例えば以下のようにメールチェックに活用できます。
仕事や友達などからの重要なメールを読みたい時は「メイン」フォルダーだけを素早く確認できます。また、ECサイトから届くお得な情報を読みたい時は、「プロモーション」フォルダー内の販促メールをまとめて確認することで、見逃さずにメールチェックができます。状況に応じてフォルダーを使い分けることで、より便利に使えます。

「Yahoo!メール」は、「スマートカテゴリー」機能などの機能追加によりユーザーがより使いやすいサービス改善を継続するとともに、セキュリティ強化を目的としたなりすましメール対策の「DMARC」の推進などを通じて、より安全で安心な環境でユーザーにサービスを利用いただけるよう、努めてまいります。

■ 「スマートカテゴリー」機能の利用方法(iOS版)
1. 「Yahoo!メール」アプリを起動する
2. フォルダー一覧画面左上の「設定」ボタンをタップする

3. 表示されたメニューで[スマートカテゴリー]をタップする

4. [スマートカテゴリーの利用状況]から[有効にする]をタップすると設定完了

※1 本機能はユーザーが設定を有効にして初めて利用できます。

このページの先頭へ