プレスリリース

2021.01.13

クリエイターの祭典「Yahoo! JAPAN Hack Day 2021」、 初のフルオンラインでの開催を決定し、過去最大規模の出場チーム募集を開始

~ 全国どこからでも参加可能。画像分析AI、顔認証、量子コンピューティングなど、さまざまな企業から提供されるテクノロジーも特別に活用可能。 ~

Yahoo! JAPAN Hack Day 2021

ヤフー株式会社は、日本最大級のハッカソン「Yahoo! JAPAN Hack Day 2021」(以下、「Hack Day」)の史上初のフルオンラインでの開催を決定し、過去最大規模となる100チームの出場チームの募集を開始しました。

「Hack Day」とは、総勢300人以上のエンジニアやデザイナーがチームを作り、24時間以内に開発した作品をプレゼンテーションして競い合うイベントです。従来は、出場者全員が会場に集まって開発からプレゼンテーション、表彰までを実施していましたが、今年はフルオンラインでの開催となり、全国どこからでも参加いただけるようになりました。また、画像認識AI、顔認証、ブロックチェーン、量子コンピューティングなど、さまざまな企業から提供されるテクノロジーも、「Hack Day」の開発に限り利用できます。

なお、「Hack Day」プレゼンテーションの模様はすべてオンライン配信を予定しており、出場チーム以外の方でも視聴可能です。配信URLなどは後日発表予定です。

<スケジュール>
・出場チーム募集期間:1月12日(火)~3月19日(金)
・提供技術紹介イベント: 2月20日(土)
・技術検証期間:2月20日(土)~ 3月19日(金)
・開発:3月20日(土)~ 3月21日(日)
・プレゼンテーション:3月21日(日)
・表彰:3月27日(土)

<提供技術>
・ClearML(Allegro AI社)
・高機能暗号・秘密計算プロキシソフトウェアDataArmor Gate(EAGLYS株式会社)
・JCV 顔認証 SDK、JCV 属性分析SDK、JCV AR SDK(日本コンピュータービジョン株式会社)
・量子・イジング最適化計算基盤 Jij-Cloud(株式会社Jij)
・LINE Blockchain Developers(LINE株式会社、LVC株式会社、LINE TECH PLUS PTE.LTD.)
・General OCR(LINE株式会社 AIカンパニー)
・Scalar DLT(株式会社Scalar)
・Vald(ヤフー株式会社)
・NLU/自然言語理解(ヤフー株式会社)

<賞と審査員>
●最優秀賞…ヤフー株式会社 取締役常務執行役員 CTO 藤門 千明
●Happy Hacking賞…出場者および視聴者の投票により決定
●テクノロジー賞
・ClearML ML-Ops Award…Ariel Biller(Allegro AI Evangelist)
・EAGLYS賞…三原 健太郎(EAGLYS株式会社 リサーチエンジニア)
・JCV賞…楊揚(日本コンピュータビジョン株式会社 エンジニア)
・Jij賞…西村 光嗣 (株式会社Jij CTO)
・LINE Blockchain Developers賞…那須 利将 (LINE株式会社 Blockchain Engineeringチーム マネージャー)、田中 遼(LVC株式会社 ブロックチェーン事業チーム マネージャー)
・LINE CLOVA賞…中島 邦弘(LINE株式会社 画像 & 動画プロダクト企画チームマネージャー)、引間 明子(LINE株式会社 DXコンサルティングチーム / Technical Evangelismチーム)
・Scalar賞…山田 浩之(株式会社Scalar CEO/CTO)
・Vald賞…加藤 優介(ヤフー株式会社 テックラボ テクノロジープロダクトオーナー / Go黒帯)、船越 寛人 (ヤフー株式会社 テックラボ Valdチーム)
・NLU賞…調整中

【Hack Dayについて】
Hack Dayの概要
Hack Dayの歴史

このページの先頭へ