プレスリリース

2020.06.25

Yahoo!カーナビ、地図の表示システムを刷新し、視認性や使い勝手が向上

~ 7割以上のユーザーが、変更後のデザインのほうが“見やすい”と回答 ~

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)の無料カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」(iOS版、Android版)(※1)は本日、地図の表示システムを、デジタル地図情報サービスの開発基盤を提供するMapbox社のシステムに変更しました。これにより地図の柔軟なデザインが可能となり、“建物を非表示にして、道路を見やすくする”や“用途に合わせて地図を切り替えられる”などの変更を加えることで、地図の視認性や使い勝手を向上させました。
※1:一部のAndroid端末などは、後日対応予定です。


「Yahoo!カーナビ」は、ユーザーにより見やすく、使いやすいサービスを提供するため、カスタマイズ性が高く独自デザインできるMapbox社の地図の表示システムに変更しました。
“建物を非表示にして、道路を見やすくする”や“道路と地面のコントラスト比を改善する”などの変更を加えることで、視認性を向上させました。
今回、Yahoo! JAPANが行った調査アンケート(※2)では、デザインを変更したことで、7割以上のユーザーが、「(従来の案内画面より)見やすい」と回答しました。

また、用途に合わせ、目的地や周辺のコンビニエンスストアなどを探す際に表示される「プランニングモード」と、実際に運転している際に表示される「ドライブモード」の2種類の地図を提供します。そのほか、アプリの起動時間を従来比で約80%に改善し、スムーズに起動できるなど、使い勝手も向上させました。

※2:調査概要
調査対象:47都道府県に在住する18歳~69歳の男女7,660名
調査期間:2020年6月12日(金)~6月15日(月)
調査方法:インターネット調査

「Yahoo!カーナビ」は今後も、ユーザーの快適なドライブをサポートできるよう、さらなるサービス強化・改善に取り組んでまいります。

■主な変更内容
<視認性の向上>
・道路を見やすくするため、建物を非表示(図1)
・主要道路における配色の見直し(図2)
・夜間時における道路と地面のコントラスト比を改善(図3)
・コンビニエンスストアやガソリンスタンドなど、ドライバーに需要のあるスポットアイコンの改善
・渋滞線を見やすくするため、夜間時の高速道路の色を変更(図4)

<使い勝手の向上>
・一本指のタッチ動作での拡大・縮小を可能にし、操作性を向上
・用途に合わせて、「プランニングモード」「ドライブモード」の2種類の地図を用意(図5)
・アプリの起動時間を従来比で約80%に改善

(図1)

変更前                 変更後

(図2)

変更前                 変更後

(図3)

変更前                 変更後


(図4)

変更前                 変更後

(図5)

このページの先頭へ