プレスリリース

2020.04.03

新型コロナウイルス感染症対策としての外出自粛等の影響分析に活用いただくため 東京23区の来訪者数等の日次データをヤフー・データソリューションで公開開始。

ヤフー・データソリューション

ヤフー株式会社が提供する事業者向けサービス、データソリューションでは、新型コロナウイルス感染症対策としての外出自粛の影響分析等に役立てていただくことを目的に、弊社で保有するデータを元にした東京23区への来訪者数(推計値)等の日次データを、オープンデータとして公開しました。

週末の外出や近隣県との往来自粛の呼びかけを受け、ヤフー・データソリューションでは、3月30日(月)に、3県(埼玉県、千葉県、神奈川県)から東京都への来訪者数(推計値)の変化を調査たレポートを公開し、多くの方にご覧いただきました。

外出や往来の自粛要請は、感染が拡大している東京都を中心にこの先も続く可能性が高いと考えられることから、外出自粛の効果・影響の分析等に広く活用いただくことを目指し、来訪者数等のデータを本日オープンデータとして公開しました。このデータは「出典:ヤフー・データソリューション」と明記いただければ、どなたでも自由にご利用いただけます。

本データは、東京23区を対象に、区ごとに区外からの日次の来訪者数と居住者の人数を推計したものです。(来訪者数の減少率を出すためには、平時基準日を設けて比較計算いただく必要があります。)本日、4月2日(木)分までのデータを公開し、4月6日(月)に4月3日(金)~5日(日)分のデータを追加する予定です。(4月7日以降の更新予定については未定です。)

なお、本データは、Yahoo! JAPANが提供するアプリ上で位置情報の提供に同意いただいたデータを元に弊社が推計したものです。今回公開したデータを含め、ヤフー・データソリューションは、お客さまのデータを統計データとしたうえで、分析からわかったことを提供するサービスであり、個人を識別できるデータ (パーソナルデータ) については、お客さまから新たに同意をいただかない限り外部に提供することはありません。

ヤフー・データソリューションでは、今後も新型コロナウイルス感染症対策やその影響の分析に役立てていただける調査レポートやデータの発信を行っていく予定です。

このページの先頭へ