プレスリリース

2020.03.02

Yahoo!きっず、臨時休校の要請に伴い、小学1年生から6年生の 自宅学習を支援する「ヤフーきっず おうち学校」を開設

学校で勉強ができない子どもが、自宅で楽しく勉強できるコンテンツを提供

ヤフーきっず おうち学校

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)が運営する子ども向けポータルサイト「Yahoo!きっず」は、多くの小学校が臨時休校になり、学校で勉強ができなくなった小学1年生から6年生の子どものために、自宅でも勉強ができるサイト「ヤフーきっず おうち学校」(PC版、スマートフォンブラウザ版)を本日開設しました。
「ヤフーきっず おうち学校」は、子ども向け検索機能で宿題の内容について調べたり、動画や写真で教科を勉強したりできるコンテンツを提供します。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、政府は、全国の小中学校と高校、特別支援学校に臨時休校を要請する考えを表明し、多くの小学校が臨時休校になっています。

「ヤフーきっず おうち学校」は、小学校が臨時休校になった子どもが自宅でも自発的に勉強ができるよう、フィルタリングが施された子ども向け検索機能で宿題の内容を調べたり、動画や写真で勉強したりできるコンテンツを提供します。また、普段知る機会が少ない「お仕事」や「環境」、「福祉」など、子どもの生きる力を育み、成長につなげる情報の他、「工作」、「料理」など、教科学習以外の授業もサポートします。また、「運動」では、子どもが身体的なストレスをためこまないよう、自宅でもできるストレッチなども紹介します。さらに、外部サービスとも連携して子どもの悩み相談などのコーナーを開設します。

Yahoo! JAPANは、「Yahoo!きっず」により、インターネットを通して学ぶ楽しさを伝える場を提供し、子どもたちの未来の可能性を大きく広げるためのお手伝いをする取り組みを進めていきます。

■「ヤフーきっず おうち学校」の主なコンテンツ
1. 宿題を調べよう
検索結果が表示される際に事前にフィルタリングをかけ、子どもにとって不適切なページが表示されない仕組みを導入し、安全安心に宿題の内容について検索することが可能です。「ヤフーきっず おうち学校」は、アクティブ・ラーニングの一環や総合学習のひとつとして推奨されている「調べ学習」(※1)を検索機能を通じて支援します。
※1:課題について、図書館を利用したり、聞き取り調査をしたりして結果をまとめること。総合学習の一形態。

2. 教科の勉強をしよう
小学校1年生から6年生の学年別に、動画や写真を使用した教科学習コンテンツを提供します。

3. いろいろ挑戦しよう
「工作」、「料理」など、教科学習以外の授業をサポートし、子どもの想像力を掻き立てる学びのある情報を多く提供します。また「運動」では、自宅にこもって身体的なストレスがたまらないよう自宅でもできるストレッチなどを紹介します。「相談しよう」では外部サービスと連携して、悩み相談などのコーナーを開設します。

今後、新規コンテンツの提供も予定しています。

■「Yahoo!きっず」とは
1997年に「未来を担う子どもたちにインターネットの楽しさを!」という思いからサービスを開始しました。特徴は「安全安心な検索」として、検索結果が表示される際に事前にフィルタリングをかけ、子どもたちにとって不適切なページが表示されない仕組みを導入しています。キーボードがなくても検索できる「ソフトキーボード」機能や、適切なキーワードを選ぶための親切なアドバイス機能などの、便利な機能も充実し、簡単かつ安全に使っていただける環境を提供しています。

このページの先頭へ