• このエントリーをはてなブックマークに追加

    2019年8月1日

    ヤフー株式会社

    「未来に残す 戦争の記憶」プロジェクト、戦後74年企画としてNHKと連携し、 戦時中の思い出の品や衣服など、当時の生活の様子が伝わる「モノ」の写真を 募集し、紹介する「#あちこちのすずさん」キャンペーンを実施

    ~ 当時の写真を最新のAIテクノロジーでカラー化して伝える「呉軍港空襲の記憶/カラーで見る呉空襲」や
    著名人の平和へのメッセージを紹介する「未来への手紙」などのコンテンツも新たに追加 ~

    「未来に残す 戦争の記憶」

    ヤフー株式会社は、戦争の記憶と記録を伝える100年間のプロジェクト「未来に残す 戦争の記憶」(以下、本プロジェクト)において、NHKと連携し、視聴者やユーザーから募集した戦争に関するモノの写真とそのエピソードなどを紹介する「#あちこちのすずさん」(※1)キャンペーンを実施します。その他、広島県呉市の空襲に関するレポートや当時の写真を最新のAIテクノロジーでカラー化した「呉軍港空襲の記憶/カラーで見る呉空襲」、福岡県にある40年前に開館した国内初の私設戦争資料館を紹介する「武富戦争資料館(兵士・庶民の戦争資料館)」、勝地涼さんや片渕須直さんなど著名人10名(※2)による未来に向けた平和へのメッセージを掲載する「未来への手紙」などのコンテンツを新たに追加しました。
    ※1:「#あちこちのすずさん」は、映画「この世界の片隅に」の主人公・すずさんのように戦時下に暮らす人々のなにげない日常のエピソードを集めるハッシュタグ。
    ※2:公開時の人数で、随時追加予定です。

    本プロジェクトは、多くの情報を長期間保有しやすいインターネットの特性を活かして、戦争体験を未来の世代へ伝えることを目的に、戦後70年を迎えた2015年に開始しました。Webサイト上にはコンテンツを随時追加し、昨年は戦時中の新聞紙面と、当時の資料や体験者の証言をもとに空襲など戦時中の出来事を再編集した紙面を展示するイベント(※3)を開催しました。
    ※3:Yahoo! JAPANの「未来に残す 戦争の記憶」プロジェクトで、 戦時中の新聞紙面と現代の新聞が再編集した紙面を展示するイベントを実施(2018/08/02)

    【主なコンテンツ概要】
    ■NHKと連携した「#あちこちのすずさん」キャンペーンについて
    「#あちこちのすずさん」とは、映画「この世界の片隅に」の主人公・すずさんのように戦時下に暮らす人々のなにげない日常のエピソードを集めるハッシュタグです。戦時中の思い出の品、使っていた食器、衣服など、当時の生活の様子が伝わる「物」を視聴者やユーザーが「#あちこちのすずさん」というハッシュ・タグをつけてSNSで発信された写真と、それにまつわるエピソードを紹介します。

    「呉軍港空襲の記憶/カラーで見る呉空襲」について
    一大軍港都市として栄えた広島県呉市の呉軍港空襲を、当時の資料やインフォグラフィックスなどを使って紹介します。また、広島女学院高校3年生・庭田杏珠さんと、東京大学大学院教授・渡邉英徳さんによる戦前から戦後にかけてのモノクロ写真を最新のAIテクノロジーと当事者の記憶を元にカラーで復元する「記憶の解凍」プロジェクトの協力により、当時の呉の様子をカラー写真で伝えます。

    日本で初めての私設戦争資料館「武富戦争資料館」について
    40年前に開館した福岡県にある国内初の私設戦争資料館「武富戦争資料館(兵士・庶民の戦争資料館)」を紹介するコンテンツです。展示されている兵士の遺品、資料を写真や文章だけではなく、360度カメラを利用して館内を紹介します。(※4)また、なぜ戦争資料を残そうとしているのかを副館長のインタビューを通じて、お伝えします。
    ※4:スマートフォン版の360度画像は近日公開予定です。

    ■「未来への手紙」について
    昭和、平成生まれの著名人10名による、未来に向けた平和へのメッセージを掲載するコンテンツです。勝地涼さん(俳優)、中尾彬さん(俳優)、片渕須直さん(アニメーション映画監督『この世界の片隅に』)などからメッセージをいただき、これからの令和時代を生きる若者の皆様に戦争や平和について興味を持ってもらうきっかけになることを目指します。

    [その他]
    ■広島テレビ特集番組「Watch 真相に迫る」について
    広島テレビは、被爆地の放送局として長年にわたって原爆に関する番組を数多く制作してきました。原爆や被爆者の思いを様々な視点で描いてきた名作ドキュメンタリーをご覧いただきます。
    この取り組みは、力を入れて制作してきた番組を、放送にとどめずインターネットで長く、広く伝え続けたいという広島テレビの思いから実現しました。

    ■戦争がテーマの作品を配信
    動画配信サービス「GYAO!」と電子書籍サービス「ebookjapan」は、戦争がテーマの作品を配信します。
    GYAO! 「戦後74年特集 それぞれの戦争」
    ebookjapan 「あの記憶を忘れない 終戦の日特集2019」

    横浜市 ニュースパーク(日本新聞博物館)(外部リンク)で開催するイベントについて
    昨年、実施した当時の資料や体験者の証言をもとに戦後の新聞が空襲など戦時中の出来事を再編集した紙面を展示するイベントを、ニュースパーク(日本新聞博物館)で本日から8月15日(木)まで開催します。
    -開催期間:8月1日(木)~8月15日(木)
    -開催場所:ニュースパーク(日本新聞博物館)/横浜市中区日本大通11 横浜情報文化センター

最新のプレスリリース

PAGE TOP