プレスリリース

2019.07.16

Yahoo!カーナビ、「Apple CarPlay」接続時に利用できる便利な機能を追加

~ 事前にアプリで登録(キープ)したお店や施設を車載機器で表示し、
目的地として設定できる機能や、高速道路走行中の案内表示をより詳しく表示 ~

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、あらゆる機能を無料で利用できるカーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」(iOS版)で、「Apple CarPlay」(以下、「CarPlay」)対応の車載機器に接続して利用する際の便利な機能を2つ追加しました。

■追加した機能について
1.「Yahoo!カーナビ」で「キープ」したお店や施設の情報を、「CarPlay」対応の車載機器でも表示可能に
「Yahoo!カーナビ」では、日常的に利用するお店や後日行きたい施設などを事前に「登録(キープ)」しておくと、あとから簡単に呼び出せる「キープ」機能を提供しています。このたび、「Yahoo!カーナビ」をダウンロードしたiPhoneを「CarPlay」対応の車載機器に接続すると、車載機器の画面に「キープ」したお店や施設の情報を表示できるようになりました。(※)これにより、「CarPlay」対応の車載機器からでも、「キープ」しているお店や施設を目的地として設定できます。
※:12件まで表示可能。

【iPhoneで行き先を登録(キープ)】

【車載機器に、登録(キープ)した情報を表示】

2. 高速道路走行中の案内表示をより分かりやすく表示
ユーザーが「Yahoo!カーナビ」を「CarPlay」対応の車載機器に接続して高速道路を走行する際、車載機器側の案内表示に、従来から表示している「分岐ジャンクション(JCT)」や「降りるインターチェンジ(IC)」に加え、新たに「通過するIC」や「サービスエリア・パーキングエリア(SA・PA)」も表示されるようになりました。これにより、高速道路を走行中に、今どこを走っているのかがより分かりやすくなりました。
また、次の通過施設がSA・PAの場合、施設の詳細をアイコンで表示することにより、次のSA・PAに寄るかどうかを判断しやすくなります。

【旧:JCTや降りるICのみ表示】



【新:通過ICやSA・PAも表示】

 【新:SA・PAの詳細をアイコンで表示】

今年3月に累計1500万ダウンロードを突破した「Yahoo!カーナビ」は、目的地へのルート案内だけでなく、ドライバーの快適なカーライフ実現のためにユーザーへの利便性向上を追求していきます。
※「Apple CarPlay」は米国もしくはその他の国や地域におけるApple Inc.の商標です。
※その他、このプレスリリースに記載されているサービス名は、各社の登録商標または商標です。

このページの先頭へ